現在地
トップ > がん保険 比較 > がん保険の選び方 > がん治療のためのがん保険の必要性

がん保険最近のがん治療の傾向とがん保険の必要性がん治療のためのがん保険の必要性

がんの治療費は、その程度によっても、またどのような治療を行うかによっても異なってきます。思いがけず高額な費用が必要になるかもしれません。また、治療期間が長引けば、家計の中心者であれば収入面での不安もあるでしょう。治療費用を準備するには貯蓄はもちろん有効ですが、いくらかかるかわからないという点では、保険の活用も適していると言えるでしょう。

病気に対する備えとしては、医療保険もがんの治療費をカバーしてくれるものです。入院や手術の給付金は、医療保険でもがん保険でも保障内容に大きな違いはありませんので、医療保険はがんに対しての備えにもなります。

ただし、入院が短期化の傾向にあることや、通院での治療にお金がかかることを想定するとがん保険の必要性が見えてきます。入院や手術に関係なく給付を受けられる「がん診断給付金」や、通院での治療で給付金が受けられる商品もある点が医療保険との大きな違いです。

希望する治療を選択できるようなお金の準備として、医療保険とのバランスも考えながらがん保険の活用を考えましょう。

  医療保険 がん保険
入院給付金 1入院の限度日数あり。30日、60日、120日、360日、730日など。通算限度日数も1,000日などの定めがある。 1入院あたり、通算日数とも無制限。
手術給付金 手術の種類により入院給付金の10倍・20倍・40倍、入院給付金の20倍の定額、入院を伴わない場合には入院給付金の5倍など。 手術の種類により入院給付金の10倍・20倍・40倍、入院給付金の20倍の定額など。
がん診断給付金 特約で付帯することが可能。 多くの商品で基本保障として含まれる。
通院給付金 給付金が支払われる入院後の通院に対して、1日あたりの給付金が支払われる。1入院あたりの給付限度は30日など。 一部の商品では、放射線治療、抗がん剤治療を受けた場合の給付金がある。
関連ページ

<<がん保険の選び方
目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

このページの先頭へ

がん保険について調べる

このページの先頭へ

  • フリーダイヤル 0120-925-984 受付時間 9:30~17:00(土日・祝祭日・年末年始を除きます)
  • がん保険と医療保険でもっと大きな安心を!~がん保険をご検討中のお客さま・がん保険をご契約いただいたお客さまへ
  • 楽天の保険<公認>保険アドバイザーに無料相談