トップ > よくある質問 >自動車保険に関するよくある質問

よくある質問自動車保険に関するよくある質問

ご加入にあたって

Q
車両保険は必要でしょうか?
A
万が一事故を起してしまった場合、車両保険が付いていないと自分の過失割合分は相手から補償されません。
例えば、過失割合が5:5で示談が成立したケースで、自分の車の修理代が 50万円かかったとします。このケースでは自分の過失が5割ですので、相手から修理代金として受けられる賠償補償は半額の25万円でしかありません。車両保険に加入していると、自分の過失分の残りの5割分が加入している保険会社から支払われます。(車両保険の免責金額がある場合は異なります)
自動車保険の選び方「車両保険」
Q
インターネットで契約を申込むと保険料はどのくらい安くなりますか?
A
インターネットでご契約の場合、保険会社により保険料のインターネット割引があります。
保険料の割引については、保険会社によって異なりますので、当社サイトにリンクしている商品パンフレットもしくはお取扱い保険会社へご確認ください。
自動車保険の選び方「インターネット割引」
Q
ゴールド免許だと保険料が変わりますか?
A
保険会社によってお取扱いや割引率が変わってきますが、記名被保険者が保険開始日時点でゴールド免許をお持ちの場合、3-12%ほど割引が適用され保険料がお安くなります。
※保険会社によっては、初回にお見積りした時点でゴールド免許であれば適用できる場合もあります。
Q
保険会社が変わった場合、ノンフリート等級は引き継げますか?
A
保険会社によって取扱いは異なりますが、ノンフリート等級は、ほとんどの共済・損害保険会社で引き継ぐことができます。
ノンフリート等級制度とは、自動車1台毎に、以前の契約実績の有無や保険事故歴の有無によって1-20等級に区分された割引・割増制度です。
※現在、共済にご加入の場合は、等級の引き継ぎは可能ですが、インターネットでのご契約をすることができません。また別途書類の提出が必要になる場合がございますので、各保険会社へご確認ください。
自動車保険の用語集「ノンフリート等級別料率制度」
Q
車を複数台所有していると保険料は割引になりますか?
A
お車を複数台所有されている場合、保険料が割引になることがあります。
<セカンドカー割引>(複数所有新規割引)
すでにご契約されているお車のノンフリート等級が11等級以上である場合など所定の条件を満たした場合には、セカンドカー割引により、2台目以降のお車を7等級でご契約いただくことができます。「セカンドカー割引」については保険会社によってお取扱いが異なり、割引が適用できない場合もございますので各保険会社へご確認ください。
自動車保険の選び方 「複数割引制度」

自動車保険を探す

補償内容について

Q
搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いは何ですか?
A
次のとおりです。

<搭乗者傷害保険>
ご契約されたお車に搭乗中の事故で、その車に搭乗している(運転者を含む)すべての方が自動車事故で死亡、後遺障害またはケガを負った場合に保険金をお支払いします。 損害の程度に応じてあらかじめ定められた一定額をお支払いします。

<人身傷害保険>
搭乗者傷害保険と同じく、ご契約されたお車に搭乗中の事故で、その車に搭乗している(運転者を含む)方が自動車事故で死亡、後遺障害またはケガを負った場合について事故の過失割合にかかわらず、実際の損害額に対し保険金額を上限に保険金をお支払いします。 また、記名被保険者やそのご家族については、歩行中などの自動車事故についても保険金をお支払いします。
自動車保険の選び方 「最も大切な自動車保険の2つの基本補償」
Q
運転者家族限定特約とはどこまで含まれますか?
A
保険会社によってそれぞれ特約名や範囲は違いますが、下記のいずれかの方が運転者となった場合に、保険金が支払われる特約です。特約を付けない場合に比べて運転者の範囲が限定される分、保険料がお安くなります。

(1)記名被保険者
(2)記名被保険者の配偶者
(3)記名被保険者または記名被保険者の配偶者の同居の親族※
(4)記名被保険者または記名被保険者の配偶者の別居の未婚(婚姻歴がある場合を除く)の子

※「同居の親族」とは、一つの建物に同居している親族をいいます。親族とは、配偶者、6親等内の血族、3親等内の姻族をいいます。
Q
借りている車で事故を起こした場合、自分の入っている自動車保険は使えますか?
A
保険会社によって特約名が違いますが、一般的に他車運転危険担保特約といったものが付いていれば、対人賠償・対物賠償などについて他人の自動車保険に優先して自分の加入している自動車保険を適用することができます。ただし、細かい補償内容については各保険商品によってお取扱いが異なりますので、各保険会社へご確認ください。
Q
車両保険にはどのようなタイプがあるのですか?
A
車両保険には補償の範囲によって主に2つのタイプがあります。

<一般車両保険>
他の自動車との衝突・接触などによる損害に加え、自動車以外の他物との衝突・接触や当て逃げ・盗難なども補償する保険です。

<車対車 + A車両保険>
他の自動車との衝突・接触などによる損害と、火災・台風・盗難等のお車の走行に起因しない事故による損害に限定し、その分保険料が安くなっている車両保険です。電柱との接触などの自損事故や相手車両が分からない当て逃げ事故はお支払いの対象外となります。

自動車保険を探す

保険料の払込みについて

Q
クレジットカードでの支払いは可能ですか?
A
はい。可能です。
※クレジットカードにより保険料をお支払いいただく場合には、必ず、ご契約者様本人名義のクレジットカードをご利用ください。
Q
楽天カードは使えますか?またポイントは使えますか?
A
クレジットカード払いの場合、楽天カードはご使用になれます。しかし、楽天スーパーポイントをご使用になっての保険料のお支払いをすることはできませんのでご注意ください。

自動車保険を探す

その他

Q
自動車保険の保険料は損害保険料控除の対象になりますか?
A
自動車保険の保険料は損害保険料控除の対象にはなりません。
安心をもっと安く!かんたんネット申込 楽天生命 楽天だからできた、定期保険と医療保険 まずは保険料をチェック!

ご利用方法

ネット保険 これからは、生命保険もネットで比較して入る時代です!
これからは保険もネットで入るのが当たり前?楽天会員の調査結果
あなたの保険の疑問や相談、お気軽にご相談ください。
メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます
今すぐ無料相談