現在地
トップ > 楽天の保険相談 > 相続対策

相続対策 - 生命保険は相続対策の中で最も効果的な方法の一つ。具体的に検討するなら、保険のプロに直接会って相談するのがおすすめです!

2015年1月1日以降、相続税の課税対象が大幅に変更になりました!

  • ・我が家も対象になる?
  • ・どんな対策をすればいいの?
  • ・いったい誰に相談すればいいの?

あなたのおうちは大丈夫ですか??

法改正の重要ポイント

相続税の基礎控除額が4割削減され、相続税対象者が大幅に増加

例えば、法定相続人2人(配偶者と子供1人)、6,000万円の相続財産を相続する場合、法改正前は相続税は不要でしたが、平成27年1月以降 相続税180万円が必要となります。

特に資産価値の高い不動産をお持ちの方に影響が大きいと言われています。

今回の法改正で、相続対策が必要な方

  • 相続対象となる不動産がある。
  • 総資産が4,000万円を超えるかもしれない。
  • 現預金が2,000万円以上ある。
  • 不動産以外の資産が少なく分割が難しい。
  • 生命保険の非課税枠(500万円×法定相続人)を使い切っていない。
  • 事業承継を円滑に行いたい。

相続は、民法や不動産、税金の知識等の専門知識が必要になり一人で解決するのは難しいもの…
保険アドバイザーに相談して、課題整理から始めることをおすすめします!

生命保険は相続対策の中で最も効果的な方法の一つ

節税だけでなく、納税資金対策や争族防止にも役立ちます!

相続対策3つのポイント

相続対策3つのポイントは評価減対策、納税資金対策と遺産分割対策です。

1.非課税枠が、相続税の課税価格の引下げに有効(評価減対策)

生命保険は契約の仕方で受取人の税金が変わります。
契約者と被保険者が同じ場合、保険金は相続税の計算上は相続財産とみなされますが、
「500万円×法定相続人数」という非課税枠があり、課税価格の引下げに有効に活用できます。
たとえば現金1,000万円を一時払い終身保険に置き換えるだけで、相続税の評価額が0円になります。
(法定相続人が2人以上で、生命保険の非課税枠をそれまでに使用していない場合)

現金1,000万円を一時払い終身保険に置き換えるだけで、相続税の評価額が0円になります。

※相続税の非課税枠が利用できるのは、契約形態が一定の場合に限定されます。詳しくは相談時にご確認ください。

2.死亡が判明したら、すぐに現金化できる(納税資金対策)

生命保険は、死亡した事実の証明書等を提出すれば遺産分割協議を待たずして保険金が支払われます。
相続人全員の合意がなければ引き出せなくなる預貯金と違って早期に支払われるため、葬儀費用などの出費に
備えることが可能です。納税資金の準備にも有効に活用できます。

3.誰に渡すかを指定できる(争族防止=遺産分割対策)

相続財産が「不動産と少しの現金だけ!」という家庭では、平等に分けるのが難しく争族となりやすいと言われています。生命保険は、相続財産とは分けて誰に渡すかを自由に決められるため、相続人間の公平を実現するため役に立ちます。

あなたが、相続に関して気になることは?

  • 納税資金が準備できるか不安
  • 遺言を残しておいたほうがよいのか不安
  • 分割がうまくまとまるか不安
  • 資産は不動産のみ、分けられない…
  • 子供達がもめるのは避けたい…
  • 家族にどう話したらいいのか…

相続対策で生命保険を活用するには、様々な注意すべきポイントがあります。
気になる方は、是非一度保険アドバイザーに直接会って相談するのがおすすめです!

誰にも相談できない“お金の悩み”はありませんか?
お電話でも相談予約受付中!フリーダイヤル [通話無料] 0120-962-553 受付時間 平日9:30~17:00