現在地
トップ > 楽天の保険相談 > ライフステージ

ライフステージ - 人生でも数回しかないライフステージの変わり目は、保険を見直すベストタイミング!保険のプロに直接会って相談するのがおすすめです!

ライフステージ別の必要保障額の推移表

ライフステージ別の必要保障額の推移表

※一般的なイメージです。

あなたの必要保障額を更に詳しく見る>>

結婚二人の生活に必要な保険は?

パートナーのため、世帯主には必要最低限の死亡保障を準備しておきましょう!
健康なうちに、医療保険にも加入しておきましょう。

世帯主には最低でも1,000万円程度の死亡保障を準備

万一のときのパートナーの再出発資金のため、世帯主には最低でも定期保険で1,000万円程度の死亡保障を準備しておきましょう。

健康なうちに医療保険にも加入

これから夫婦共々に年を重ね、身体的な負担が大きくなっていくこの時期、健康で保険料が少しでも安いうちに終身型の医療保険に加入しておきましょう。

公的年金を補う個人年金も今から検討

今後、公的年金の2~3割減は避けられない状況。早いうちから公的年金だけでは足りない老後資金対策を始めておきましょう。

老後対策へ>>

検討のポイント

  • 独身時代に知り合いから勧められるままに加入した保険、親が掛けてくれていた保険などがあればこの機会に整理しましょう!
  • 共働きか専業主婦か、子供や住まいはどうするのか、など思い描くライフプランを保険アドバイザーに伝えて、自分達にピッタリのプランはなにか相談するのがおすすめです!

子供の誕生子育て世帯に必要な保険は?

家族を守るため、最優先は死亡保障を充実させること!
教育資金の貯蓄や医療保障などもあわせて準備しておきましょう!

世帯主には3,000万円程度の死亡保障を準備

残された家族の生活費の不足分を補うため、世帯主には3,000万円程度の死亡保障を準備しておきましょう。奥様の死亡保障も1,000万円程度は準備しておくとよいでしょう。

教育資金は大学入学時をターゲットに準備

一番お金のかかる大学入学時をターゲットに教育費の備えを準備しておきましょう。

大学入学時のお金っていくら必要?>>

健康なうちに医療保険にも加入

家族を養なう大切な時期。
医療保険に加入していないという方は、健康なうちに終身型の医療保険に加入しておきましょう。がんが気になる方は、併せてがん保険も検討すると良いでしょう。

公的年金を補う個人年金も今から検討

今後、公的年金の2~3割減は避けられない状況。早いうちから公的年金だけでは足りない老後資金対策を始めておきましょう。

老後対策へ>>

検討のポイント

  • 家族が増えるこの時期は、人生でも数回しかない保険を見直すベストタイミング!
  • 家族の生活を守るのが最優先、とはいえ過大な保険料で家計を圧迫するのは避けたいもの…
    あなたの優先順位を保険アドバイザーに伝えて、自分達にピッタリのプランはなにか相談するのがおすすめです!

住宅購入住宅購入時は家計全体を見直すチャンス!

住宅購入は人生最大の買い物。今後のライフプランにあわせて、死亡保障以外の 保障を充実させるなど、ピッタリのプランに見直しておきましょう!

死亡保障は減らせる可能性が

住宅購入時は、団体信用生命保険に加入するのが一般的。保障が重複するので既存の死亡保障を減らせる可能性があります。

住宅ローン返済などを見据えた保障の見直し

長く続く住宅ローン返済や固定資産税、管理費、修繕積立金などを考慮に入れ、死亡保障を減らして、他の保障を充実させるなど、今のあなたにピッタリのプランに見直しておきましょう。

検討のポイント

  • 死亡保障が減らせるといっても、どのぐらい保障を減らしていいのか自分で判断するのは難しいもの… 住宅ローン返済など、今後長く続く家計への負担を考慮に入れながら、保険アドバイザーにあなたの優先順位を伝えて、自分達にピッタリのプランはなにか相談するのがおすすめです!

子供の独立・退職自分達の老後のための保障を中心に見直しを!

子供のために必要な保障は、ほぼゼロになります。
自分達の老後や、次世代への資産継承を考えた保障に見直しておきましょう!

自分達の老後のための貯蓄を優先的に

老後は公的年金だけでは足りず、貯金の取崩しが必要になることも?!
公的年金がいつから・いくら貰えるかを想定し、計画的に貯蓄を進めましょう。
非課税枠のある生命保険は、相続の生前対策にも役立ちます。

老後対策へ>> 相続対策へ>>

医療保障は終身医療保険で加入

50代以降は誰しも、病気や怪我をすることが増えてきます。
一生涯の医療保障を確保するため、終身医療保険に加入しておきましょう。

死亡保障は減らせる可能性が

教育費の心配が不要となり、死亡保障は減らせる可能性があります。

検討のポイント

  • 自分達の老後のために保障を見直すといっても、必要・不要な保障を自分で判断するのは難しいもの…保険アドバイザーに今入っている保険を診断してもらい、どのように見直せばよいのか相談するのがおすすめです!

楽天の保険相談なら

  • ライフステージの変化を機に、保険を見直したい!

    岐阜県在住・鈴木様の体験談を見る
楽天の保険のアドバイザーってどんな人?
お電話でも相談予約受付中!フリーダイヤル [通話無料] 0120-962-553 受付時間 平日9:30~17:00