現在地
トップ > 楽天の保険相談 > 老後対策

老後対策 - 公的年金の2~3割減は避けられない!老後対策は計画的に行うのがポイント!保険のプロに直接会って相談するのがおすすめです!

あなたは、公的年金だけでは足りない老後対策を始めていますか?

夫婦2人、老後のギリギリ生活ライン 1ヶ月 22万円/月※1

マクロ経済スライドが適用となり、今後年金支給額の2~3割減は下げられない状況。

なぜ年金が減るのか?理由をチェック>>

※1 (出典):生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年度 夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える最低日常生活費
※2 (出典):厚生労働省「平成25年度国民生活基礎調査」 所得の種類別1世帯当たり平均所得金額及び構成割合より
※3 厚生労働省平成26年「国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し~平成26年財政検証結果~」の所得代替率より楽天の保険で推計
※上記は現在の物価水準に置き換えた一般的なイメージです。個人の所得や物価、その他諸情勢により年金水準は異なります。 ご自身の年金支給額目安が知りたい場合は日本年金機構のねんきんネット等でご確認ください。

複雑でわかりにくい年金は、保険アドバイザーに直接会って相談するのがおすすめです!

老後対策は長い時間がかかるもの! その他の保障とのバランスを考慮して検討する必要があります。

年金支給額の減少や、支給開始年齢の引き上げにより、老後資金準備の開始年齢を従来より早める必要があります。

一般的なイメージ

老後資金準備の開始年齢を従来より早める必要があります。

今後の老後資金対策のポイント

  1. 公的年金は、今後2~3割減を覚悟すべき
  2. 年金の支給開始年齢は60代後半になることも視野に入れておく
  3. 老後の生活費、月5~6万円を補うことから検討開始を!
  4. 老後資金対策は、とにかく早めに開始するのが最も重要
  5. まずは税制メリットのある、確定拠出年金や個人年金からスタートを!

早期対策が必要だが、長期的に家計を圧迫しない積立額を決めるのが難しいところ
保険アドバイザーに直接会って相談するのがおすすめです!

60歳で2,000万円を貯めるには長い道のりが… 準備は、できるだけ若いうちから始めましょう!

金融広報中央委員会の調査(※)で、老後の生活資金として年金支給時までに準備する貯蓄残高を尋ねたところ、平均して2,000万円程度を準備したいと考えているという結果が出ています。
※「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査] (平成25年)金融広報中央委員会

では老後資金として60歳までに2,000万円を積み立てる場合、必要な月々の積み立て額はいくらになるのでしょうか?
※利回り1%の複利で考えた場合

積み立て額の差を見ると、20歳から開始する場合と30歳から開始する場合の差は毎月の積み立て額で14,000円。

積み立て額の差を見ると、20歳から開始する場合と30歳から開始する場合の差は毎月の積み立て額で14,000円
20歳から開始する場合と40歳から開始する場合の差は毎月の積み立て額で42,000円

これだけでもいかに早く開始すれば有利かおわかりいただけると思います。

資産運用の基本は利回りと期間です。低リスクの商品では高い利回りは望めません。
いかに早く開始するかが目標の貯蓄を達成するために重要となります。

現役世代の公的年金は今後2~3割減を覚悟しなければならない状況。
家計が厳しい中でも、若いうちから備えておくことが重要です。
まずは、保険アドバイザーに直接会って相談するのがおすすめです!

楽天の保険相談なら

  • 老後を視野に入れて、見直したい!

    東京都在住・高橋様の体験談を見る
誰にも相談できない“お金の悩み”はありませんか?
お電話でも相談予約受付中!フリーダイヤル [通話無料] 0120-962-553 受付時間 平日9:30~17:00