トップ > 子育て生活に必要な保険

子育て生活に必要な保険

子育て生活に必要な保険

世帯主には3,000万円程度の死亡保障を準備しましょう!
子ども手当てなどの政策を受けて教育資金の貯蓄は大学入学時をターゲットに!

  • 生命保険へ
  • 学資保険へ
  • 医療保険へ
  • がん保険へ
  • 個人年金へ

世帯主には、3,000万円程度の死亡保障を準備しましょう

残された家族の生活費の不足分を補うため、世帯主には3,000万円程度の死亡保障を確保しておきましょう。父子家庭も経済的に大変な時代であり、奥様の死亡保障も1,000万円程度は用意しておくとよいでしょう。
無駄な保険料負担を発生させないため、死亡保障の期間は末子の成人までの定期保険とすることをおすすめします。
お葬式代などの死亡整理資金にもそなえておきたいという方は、貯蓄性も考慮して300~500万円ぐらいの保障の終身保険を検討するとよいでしょう。

教育資金は大学入学時をターゲットに学資保険で準備しましょう

授業料が高くなる大学入学時をターゲットに教育資金を準備しましょう。
学資(こども)保険には、保険期間中に親などの契約者が亡くなった場合に以降の保険料が免除され、かつ所定の学資金を全額受け取れるというメリットがあるタイプもあります。貯蓄性の高い学資保険を中心に教育資金を準備しましょう。

健康なうちに、医療保険に加入しておきましょう

子供を育てていかなければならない大切な時期。病気やケガで働けなくなった場合の経済的負担ははかりしれません。また一度大病にかかってしまうと、健康状態の審査で保険の加入が難しくなるということもあります。
医療保険に加入していないという方は、健康なうちに終身型の医療保険に加入しておきましょう。

余裕があれば、公的年金を補う個人年金も検討しましょう

20代~40代を中心とするこの世代の方々も、公的年金だけで老後の生活を送るのは難しいと言われる世代。お子さまのための費用も多額にかかるこの時期、大切な老後の資金の一部は計画的に準備できる定額タイプの個人年金を利用されることをおすすめします。
おすすめはクレジットカード払いでポイントも貯まる!定額タイプの個人年金

ご契約事例紹介

「みんなはどんな保険に入っているの?」と気になってる方も多いはず。楽天の保険でご契約された方の実例をいくつかご紹介いたします。保険選びの参考にしてみてください。

<Bさんの場合> 30代 既婚(子供2人) 30代
既婚(子供2人)女性

上の子のお金がかかり始める前に払い込みを終えたかったので、10年の払込期間を選択できるこの商品にしました。

ご契約いただいたきっかけ・目的 こどもの教育・結婚資金のため
選んだ商品 太陽生命の「わくわくポッケ」
この商品を選んだ理由 内容・保険料とも他社と比較ができ、商品内容にも納得できた
  • 生命(死亡)保険の資料請求へ
    万が一の時に残された家族の生活費のために備える!
  • 学資(こども)保険の資料請求へ
    お子様の教育資金に備える!
  • 医療保険の資料請求へ
    病気やケガで働けなくなった時のために備える!
  • 個人年金の資料請求へ
    ゆとりある老後の生活のため今の内から備える!
  • がん保険の資料請求へ
    がんになった時のために備える!

専門スタッフに無料相談!お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
    楽天インシュアランスのスタッフがメールであなたの保険のご相談に応じます。
    お問い合わせフォーム
  • 電話で相談する
    楽天インシュアランスのスタッフが電話であなたの保険のご相談に応じます。
    楽天の保険 お客様お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30~17:00(土日・祝祭日・年末年始を除きます) 通話は無料です。通常電話の他、携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • アドバイザーに相談する
    保険のプロである当社提携アドバイザーがあなたの保険の悩みに直接会ってご相談に応じます。
    • 複数の保険会社の商品からあなたに最適なプランをご提案します。
    • インターネットから簡単!あなたのお近くのアドバイザーを検索できます。
    • ご相談は無料!保険契約を強要されることもありません。
    楽天の保険相談はこちら