現在地
トップ > 医療保険 比較 > 医療保険の選び方 > 必要な保障を考えるための参考データ

医療保険医療保険の必要保障額の考え方必要な保障を考えるための参考データ

保障はどのくらい必要かを考える目安として「統計データ」が参考になります。

傷病別・男女別平均入院日数 厚生労働省「患者調査(2008年)」
傷病 胃の悪性新生物 心疾患 脳梗塞 高血圧性疾患 糖尿病
男性 24.1日 26.7日 85.0日 25.5日 32.0日
女性 32.9日 47.6日 139.9日 56.9日 47.1日
傷病 肝硬変 腎不全 膵疾患 感情障害 骨折
男性 37.4日 53.9日 21.3日 117.2日 31.2日
女性 44.2日 64.7日 21.6日 105.8日 50.8日

このデータは入院が比較的長引きやすい生活習慣病を中心に集められた病気ごとの平均入院日数です。1~2ヶ月が平均で、傷病によってはまれに100日を超えることもあります。

差額ベッド代 厚生労働省「主な選定療養に係る報告状況」
  金額
1人室 7,530円
2人室 3,111円
3人室 2,768円
4人室 2,447円
平均 5,828円

これは一般病室ではない特別室に入った場合に自己負担しなければならない平均ベッド代です。あくまで平均値であり、1日数万円、数十万円かかる差額ベッド代もあります。

ライフステージ別疾病入院給付金日額
公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査(2010年度)」
ライフステージ 男性 女性
未婚 8,874円8,653円
既婚(夫婦のみ) 12,005円10,583円
既婚(末子が未就学児)10,933円8,163円
既婚(末子が小学生)12,057円8,753円
既婚(末子が中・高校生)11,473円10,010円
既婚(末子が短大・大学・大学院生)12,863円9,988円
既婚(末子が就学修了で未婚)10,840円8,978円
既婚(末子が就学修了で既婚)11,668円9,690円
平均10,971円9,177円

これは加入している保険の入院給付金日額を調査したものです。何となく加入している人が多い現状を考えるとあくまで「他人の参考値」程度で見ておくのがよいかもしれません。

このようにいろいろなデータを見てみると、入院時に必要な金額は差額ベッド代や雑費など考慮して10,000円/日程度は必要になりそうです。ただし、高額療養費や傷病手当金・自分で準備している緊急資金などの預貯金があれば保険で準備する金額は少し低めに見積もってもよいでしょう。自営業者など傷病手当金や有給休暇がない人については、会社員の場合よりも多めに考えるのがコツです。

関連ページ

<<医療保険の選び方
目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

このページの先頭へ

医療保険について調べる

このページの先頭へ

楽天の保険 お客様お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00 土日・祝日・年末年始を除きます
ネット保険 これからは、生命保険もネットで比較して入る時代です!
  • 楽天の保険<公認>保険アドバイザーに無料相談