現在地
トップ > 医療保険 比較 > 医療保険の選び方 > 保険会社の選び方

医療保険医療保険の比較、見積もりのポイント保険会社の選び方

医療保険を選ぶ時、保険商品だけに目が行きがちですが、保険会社にも目を向けてみる必要があります。そこで次の3つのポイントをチェックしてみましょう。

1.加入経路

大きくわけて2つの加入経路があり、保険会社によって異なります。

1つは直接販売。営業職員がその保険会社の商品を販売するスタイルです。最近では営業職員を持たず、インターネットだけで保険を販売するネット生保も台頭してきています。

もう1つは保険代理店。プロ代理店といって損害保険も生命保険も取り扱い、保険会社も複数社取り扱っているのが特徴です。さらに最近の代理店は規模が大きいタイプの業態も多く、店舗を構えた来店型の代理店やインターネットを窓口とした代理店などの台頭が目立ちます。

いずれの経路でも医療保険に加入できますが、インターネットで自由に選びたい人は、複数の保険会社の商品を取り扱うインターネットを窓口とした代理店が適しているでしょう。営業職員に会って相談したいという場合は営業職員がいる保険会社か地域で活動している保険代理店が適当でしょう。

2.付帯サービスなど

医療保険には保険の機能だけではなく自動的に付帯されるサービスがあり、その中でも主治医以外の意見を参考に聞く事ができる「セカンドオピニオンサービス」が注目されています。特にがんなどの重い病気と診断された場合は、その診断結果や処置方針などについて他の医師の意見も聞いてみたいものです。

また、一般的な健康や医療に関する相談を受け付けてくれるサービスもあります。健康・医療に加え育児や介護、メンタルヘルスの相談も可能です。その他医療機関の紹介や医師の紹介、医療にまったく関係ない相談やサービスを提供している保険会社もあります。医療保険はもしもの時の保障がしっかりしていることが大切ですが、保険以外のサポートを受けられるのも安心です。商品選びの一つの基準として検討してもよいでしょう。

3.財務体質チェック

医療保険は長期にわたって契約することがほとんどですから、保険会社には破綻せずに長期にわたってサービスを提供して欲しいものです。

保険会社の現在の財務や営業状況を把握するには、保険会社が公表している年次報告書などのディスクロージャー紙を参考にするとよいでしょう。その年の売上げや利益、業界での位置づけなどがわかります。その中でも保険金の支払い余力を示す「ソルベンシーマージン比率」とその保険会社の信用力を示す「財務格付け」は確認しておきたい指標です。

関連ページ

<<医療保険の選び方
目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

このページの先頭へ

医療保険について調べる

このページの先頭へ

楽天の保険 お客様お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00 土日・祝日・年末年始を除きます
ネット保険 これからは、生命保険もネットで比較して入る時代です!
  • 楽天の保険<公認>保険アドバイザーに無料相談