現在地
トップ > 医療保険 比較 > 医療保険の選び方 > 引受基準緩和型(限定告知型)と無選択型の医療保険

医療保険引受基準緩和型(限定告知型)と無選択型の医療保険

医療保険は、病気をしているあるいは過去に病歴があったという場合に加入できないことがあります。そういった人の為に販売されているのが「引受基準緩和型(限定告知型)」「無選択型」の医療保険です。

<無選択型医療保険>

健康状態の告知をすることなく加入できる医療保険のことを「無選択型医療保険」と言います。過去に病歴がある、既往症がある、現在病気中という人でも加入できます。

ただし、1入院の支払い限度や通算限度が低く設定されているだけでなく、加入から90日経過するまでは保障されません。無告知で加入できる分保険料が割高になります。

<引受基準緩和型医療保険>

無告知ではなく、数項目の告知をすることで無選択型医療保険よりも保障内容の制限を少なくしたものが「引受基準緩和型」あるいは「限定告知型」と呼ばれる医療保険です。告知事項が5つ前後と少なく、該当しない限りは過去に病歴がある人、既往症がある人でも加入できます。

既往症の悪化・再発による入院・手術でも保障されますが、加入から1年間の給付金の支払いは削減されます。

引受基準緩和型医療保険と無選択型医療保険の違い
引受基準緩和型医療保険 無選択型医療保険
保障額 通常の医療保険と同等額 制限があり低い
保障期間 通常の医療保険と同様、定期・終身型がある 定期型が基本
保険料 通常の医療保険より割高 引受基準緩和型より割高
加入条件 数項目の告知事項に該当しなければ加入できる 告知不要
支払い 加入から1年は半額 加入から90日経ってから保障される

<<医療保険の選び方
目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

このページの先頭へ

医療保険について調べる

このページの先頭へ

楽天の保険 お客様お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00 土日・祝日・年末年始を除きます
ネット保険 これからは、生命保険もネットで比較して入る時代です!
  • 楽天の保険<公認>保険アドバイザーに無料相談