現在地
トップ > 医療保険 比較 > 医療保険の選び方 > 定期医療保険と終身医療保険

医療保険医療保険とはどんな保険?定期医療保険と終身医療保険

医療保険には保険期間が終身のタイプ(終身医療保険)と定期のタイプ(定期医療保険)があります。いずれを選択するかは悩ましいところです。

最近は終身医療保険を望む顧客が増えている傾向にあり、また保険会社の多くが終身医療保険を主力として販売しています。ただし、定期医療保険と終身医療保険では保険料が大きく異なり、一生保障を必要とするかどうかなどは価値観や家計状況によるところが大きいので、まずは2つのタイプの特徴を知って自分の判断基準を持つ事が大切です。

<定期医療保険>

定期医療保険は10年や20年あるいは60歳時までというように、一定の保険期間内に支払事由が発生した時に給付金が支払われる保険です。契約した期間で保険が終了する「全期型」と契約した期間が終了する時に引き続き契約を続けるかどうか決めることができる「更新型」があります。更新型の場合、更新時にはその時の年齢で保険料が再計算されます。

終身医療保険に比べ保険料は割安となっており、当面の保険料を押さえながら医療保障を準備することができます。更新しながら継続していくと高齢になればなるほど保険料負担が大きくなっていきますので、ある一定期間に医療保障を準備するのに適しているでしょう。

例)入院給付金日額5,000円、保険期間10年
例)入院給付金日額5,000円、保険期間10年
<終身医療保険>

終身医療保険は、保険期間が一生涯の医療保険で、生涯いつ入院しても入院給付金が支払われるものです。ただし、支払い回数が通算限度日数を超えた場合は保険が終了します。定期医療保険に比べ加入時の保険料が割高になるものの、保険料が将来にわたって変わらず、一生保障が得られるという安心感があります。

例)入金給付金日額5,000円、保険料払い済み年齢60歳
例)入金給付金日額5,000円、保険料払い済み年齢60歳
関連ページ

<<医療保険の選び方
目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

このページの先頭へ

医療保険について調べる

このページの先頭へ

楽天の保険 お客様お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00 土日・祝日・年末年始を除きます
ネット保険 これからは、生命保険もネットで比較して入る時代です!
  • 楽天の保険<公認>保険アドバイザーに無料相談