現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > まだ間に合う! 年末調整し忘れた住宅ローン控除を受ける方法

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

まだ間に合う! 年末調整し忘れた住宅ローン控除を受ける方法

2015/01/20
この記事に含まれるキーワード

住宅ローン控除、2年目以降は年末調整で

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2ca3fff01df9a663ee9fdaacca6463220ec9ec91.30.2.14.2.png画像を拡大する住宅ローン控除を受けるには、表の条件を満たす必要があります

『住宅借入金等特別控除(通称:住宅ローン控除)』は、マイホームを借入金(住宅ローン)で購入し、一定の要件(右図参照)を満たしている場合に、一定期間、所得税・住民税の還付が受けられる、国の制度です(※1)。

会社員は、初めて控除を受ける時は確定申告をし、2年目以降は勤務先に必要書類(※2・3)を提出することで、年末調整で手続きをしてもらえます。

ところが、2年目以降なのに、年末の忙しさで勤務先への書類提出を忘れていた、という人もいるのではないでしょうか。

せっかくの国の制度、そして還付される金額も少なくはないもの。うっかり忘れていた、で活用できないのは、もったいないですね。

しかし、諦めるのはまだ早い! 十分間に合いますので、次の方法で所得税を還付してもらいましょう。

還付方法は2つあります!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/349a3446a5b1e12ee980ba3a589c2f394c247d73.30.2.14.2.jpg画像を拡大するせっかくの国の制度、忘れずに活用しましょう!

①勤務先で、再年末調整をしてもらう

この方法は翌年1月31日に間に合う場合に限られます。しかし、勤務先に再度年末調整をお願いすると、担当の人は、源泉徴収額を計算し直したり、市町村などに提出する書類を訂正したりしなければならず、あまりいい顔をされないかもしれません。

②確定申告をする

自分で確定申告をし、還付を受けることができます。2年目以降の住宅ローン控除の確定申告で必要な書類は、「源泉徴収票」と「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」です。

また、確定申告の期間を過ぎてから、年末調整のし忘れに気づいたとしても、会社員の場合、5年間遡って請求することができます。

しかし、国の制度として、あなたに代わって会社が手続きしてくれるのですから、忘れずに年末調整ができるよう、今年の分は、今からすぐに、手帳やカレンダーに書き込んでおきましょう!そうすれば確定申告などの手間も省けますね。

また、年末調整に必要な書類(※2)は9年分まとめて送られてきます。無くさないように、「住宅関連ファイル」を作り、保管しておくとよいでしょう。

※1:控除率や控除期間は、住宅の種類や借入れをした年により異なります。
※2:税務署から送られてくる「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」
※3:借入先(金融機関)から送られてくる「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」

  • mixiチェック
記事を書いた人藤本 ひろみ藤本ひろみファイナンシャルオフィス 代表

<FP-RECOご当地FP®:山口県>
個人や企業の家計・財務改善コンサルティングを中心に、セミナーや執筆活動を行っています。一人一人が「せめてお金のことで心配をしない人生」を過ごせるよう、お手伝いをさせていただきます!
ホームページ:藤本ひろみファイナンシャルオフィス
google+:藤本 ひろみ

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ