保険金はどうやって支払われるの?

保険金支払いは「立替請求型」か「窓口割引型」か?

ペット保険にもさまざま商品がありますが、いずれも全国どこの動物病院で診療を受けても補償されるのが一般的です。

ペット保険に加入中、補償の対象となる通院・入院・手術その他が発生した場合の給付の方法としては2つあります。

まず1つが、「立替請求型」。いったんは動物病院で治療費の全額を支払い、後日、保険会社に保険金を請求します。1つの病気・ケガの入院・通院に関しては、まとめて請求することも可能です。請求できるのは、一般的に2年以内とされています。

もう1つは、「窓口割引型」です。動物病院の窓口で、保険による給付分を差し引いて自己負担分だけ支払う形です。保険加入を証明するカード(「健康保険証」)などを提示することで、後日保険金の請求をしなくても、その場で精算が完了します。ただし、保険会社が提携している動物病院で診療を受けた場合に限るため、このタイプのペット保険に加入していても、提携外の病院で診療を受けた場合は、「立替請求」となります。窓口割引型のペット保険を希望して加入する場合は、かかりつけの動物病院が対応病院となっているかをあらかじめ確認しましょう。

ペット保険の保険金支払

タイプ 概要
立替請求型 動物病院で治療費の全額を支払い、後日、保険会社に保険金を請求する。多くのペット保険はこのタイプ。請求忘れに注意。
窓口割引型 動物病院の窓口で、保険による給付分を差し引いて自己負担分だけ支払う。保険加入を証明するカードなどを提示することで、その場で精算が完了するので手軽。
【ガーデン少額短期保険×楽天の保険】いぬとねこの保険 秋冬のダブルキャンペーン実施中!アンケート&資料請求で 抽選で3名様に防犯・ペット留守用カメラが当たる!
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00
あいらぶ ワンコ♪ 親バカ特集!
ペット親バカ川柳コンテスト コチラ!
【楽天市場】ワンダードックは札幌を中心に展開するペットショップです:ワンダードック