保険を見直す

今の保険料に負担を感じていませんか?保障内容はライフプランに合っていますか?保険を見直すことで保障内容の向上や支払う保険料をもっと安くすることができる場合があります。そんな保険の見直し方をわかりやすく紹介します。

見直しをおすすめする理由

日本の生命保険世帯加入率:90.3%、一世帯の平均年間払込保険料:45万4千円

例えば30歳~60歳まで払い続けたとすると、保険料の総額は1,300万円を超えます。「マイホームに次ぐ高い買い物」なのに、理解をしていない方が多いのが現状です!

※平成21年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版) 生命保険文化センター 生命保険(個人年金保険を含む)の加入状況(全生保)より

だからこそ、あなたにぴったりの保険に見直しすことをおすすめします!

こんな方に保険の見直しはオススメです!保険の見直しで保険料が削減できる場合もあります。

 
更新型の保険で、保険料が上がるという連絡のはがきが届いた方
見直しのポイント
保険料が上がる前に、今の保障内容で良いのか、保障の内容や期間の見直しをこの機会に考えてみてはいかがでしょうか?
 
今入っている保険では、80歳以降の医療保障が無くなってしまう
見直しのポイント
一度大きな病気をするとなかなか医療保険には入れないもの、今のうちに80歳を超えても保障が続く終身型の医療保険を検討しましょう。
 
保険に入ったまま見直していないという方
見直しのポイント
保険に入ったまま内容の見直しを長い間していないのであれば、必要以上の保障がついていたり、または保障が不足している可能性も。一度専門家に保険診断をしてもらいましょう。

見直しのタイミング

結婚や出産などライフステージが変わったときが、保険を見直す最大のチャンス!最近では収入の減少をきっかけに保険の見直しを検討する方も増えているようです。ライフステージにあわせた適切な保障に見直すことで、家計のムダが大きく削減できるのです!
  • 独身生活

    独身の社会人に
    必要な保険は?
    1. 個人保険
    2. 医療保険
    3. がん保険
    4. 生命保険

    詳細を見る

  • 夫婦生活

    二人の生活に
    必要な保険は?
    1. 生命保険
    2. 医療保険
    3. がん保険
    4. 個人年金

    詳細を見る

  • 子育て生活

    子育て世帯に
    必要な保険は?
    1. 生命保険
    2. 学資保険
    3. 医療保険
    4. がん保険
    5. 個人年金

    詳細を見る

  • シニア生活

    シニア世代に
    必要な保険は?
    1. 持病があっても入りやすい医療保険
    2. 持病があっても入りやすい生命保険

    詳細を見る

必要な保障(額)の目安

ライフステージによって必要な保障額は異なってきますが、一般的な保障(額)の目安をご紹介します。 あなたが今入っている保障と比較してどうでしょうか?

保険の見直しの手順

最近ではインターネットで簡単に情報を収集できるようになりましたが、保障額の決定や既存の保険の解約などは自分ひとりで実行するのは難しいもの。要所要所で専門家のアドバイスを活用して、最適なプランを決定するのが賢い見直し法です。

必要補償額・保障期間の決定

  • ライフステージにあわせた必要保障額の決定
  • その保障額が必要な期間の決定

絶対に必要な条件の決定

  • 必要なのは誰の保障?夫の保障?妻の保障?
  • 医療保障はどれだけ必要?
  • 掛け捨て?それとも貯蓄性のある商品?
  • 保険料はいくらぐらいまで?

保険商品の比較・商品の決定

  • 自分の必要な条件を満たす商品を探し、資料請求
  • 資料を取り寄せ、保険料や払込方法(クレジットカード払いや短期払いが可能かなど)を確認
  • 今加入済みの保険を見直しするなら、保険会社に連絡(※)
  • 申込する商品を決定し、申込書に記入・返信用封筒に入れて送付

(※)特に今加入済みの保険を見直したいという場合、解約せずに払済保険や延長保険にして 既存の契約を残しておいたほうがよいということも少なくないのです。こういうときこそ、専門家のアドバイスを有効に活用することをおすすめします。

保険に関する悩みをご相談ください

お電話でのお問い合わせ無料0120-925-984 受付時間 平日9:30~17:00 (土日・祝祭日・年末年始を除きます)