現在地
トップ > がん保険はSBI損保をよろしく > 第1話 「もしかしたら・・・がんにかかるリスク、知っていますか?」

がん保険はSBI損保をよろしく
SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)は、自由診療まで実額で補償する新しいタイプのがん保険です。
「ブラックジャックによろしく」の原作をもとにSBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の商品説明をいたします。

登場人物紹介

  • 斉藤英二郎
    斉藤英二郎
    研修医。保険については何も知らない。
  • 辻本良江
    辻本良江
    膵がん患者(年齢40歳代)。夫と2人の子供がいる。日額補償タイプのがん保険に加入。
  • 辻本正志
    辻本正志
    良江の夫。45歳。一般的なサラリーマン。

第1話 「もしかしたら・・・がんにかかるリスク、知っていますか?」

第1話 「もしかしたら・・・がんにかかるリスク、知っていますか?」
Check

がんの患者数は年々増加の一途・・・いまや298万人

がん患者数の推移

いま、私たちの生活の中で、がんは身近な病気のひとつになっています。
年間約74万人の方ががんと新たに診断されており、(※2)がんの患者数は平成20年で約298万人にまでのぼり、年々増加傾向にあるのが現状です。

  • ※1 〔出所〕厚生労働省「平成20年患者調査(推計患者数の年次推移、入院-外来×疾病分類別」
  • ※2 〔出所〕国立がん研究センターがん対策情報センター「全国がん患者モニタリング集計2007年罹患数・率報告」
第1話 「もしかしたら・・・がんにかかるリスク、知っていますか?」
Check

性別、年齢でがんの罹患率は大きく異なります

  • 男性の年齢別罹患率
  • 女性の年齢別罹患率

がんの罹患率は男性が30代後半、女性が20代後半から徐々に高くなり、60歳以降は男性が女性に比べて顕著に高くなります。
いまや生涯に、男性の58%、女性の43%ががんに罹患するといわれています。(※3)

  • ※3 〔出所〕国立がん研究センターがん対策情報センター
第1話 「もしかしたら・・・がんにかかるリスク、知っていますか?」
Check

SBI損保のがん保険なら、公的保険適用外の治療も全額補償 安心して最善のがん治療に専念できます。

SBI損保のがん保険と日額補償タイプのがん保険のちがい
SBI損保のがん保険と日額補償タイプのがん保険のちがい
  • ※通院治療費は保険期間(5年ごと)に1,000万円までとなります。
  • ※公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象とはなりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約がある場合は、他の保険契約を含めた治療費の実額が保険金の限度となります。

SBI損保のがん保険は、実際にかかったがんの治療費をお支払いするので、治療費を気にせず、安心して最善の治療方法でがん治療に専念できます。

  • 続きを読む(第2話へ)
  • 無料見積りはこちら!
  • 資料請求はこちら!

実施中のお得なキャンペーン

SBI損保のがん保険 自由診療タイプ 実額補償するがん保険 新規ご契約の方に図書カード1,500円分プレゼント!
【楽天の保険ラッキーくじ】最大1,000ポイントが当たる!