現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 海外旅行保険の選び方 > クレジットカード付帯の海外旅行保険の特徴

旅行保険クレジットカードの海外旅行保険クレジットカード付帯の海外旅行保険の特徴

クレジットカードに付いている海外旅行保険は今や有名です。補償内容はカード会社によって異なります。カード会社がサービスの一環として会員に保険を無償で提供し、損害保険会社が契約を引き受ける仕組みです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、旅行に出発する報告は必要なく、海外旅行をしている時は自動的に保険が効いています。ただし利用しているカードによっては旅行代金をカードで支払うことを条件にしているものがあるので注意が必要です。また、旅行期間は概ね90日間と限られていて、病気死亡の補償がなく、最も重要な補償である「治療費用」の設定が低めになっています。

クレジットカードに付いている海外旅行保険の例:各社サイト参照
カード 傷害死亡 治療費用 個人賠償 携行品損害 救援者 旅行期間 その他
Aカード 2,000万円 200万円 2,000万円 20万円 200万円 90日
Bカード 2,000万円 200万円 2,000万円 20万円 200万円 90日 旅行代金の
カード払いが必要
Cカード 2,000万円 200万円 2,000万円 20万円 200万円 90日
CカードGOLD 1億円 300万円 1億円 40万円 300万円 90日 家族も自動付帯

クレジットカードについている海外旅行保険があるから安心!と判断する前に、一度、あなたが持っているクレジットカードの海外旅行保険の補償内容を確認することをオススメします。

 補償内容が低額ではないか、補償されない項目がないか、また免責金額があったり、旅行代金の支払いが利用条件になっていたりしないか、現地での治療費の立替払いが必要だったりしないか確認してみましょう。

確認してみて、少しでも不安を感じたら、海外旅行保険で足りない部分だけをカスタマイズしてプラスできる保険会社もあるので自分に合った保険を探してみましょう!

海外旅行保険の商品一覧を確認してみる

クレジットカードの海外旅行保険
関連ページ

<<海外旅行保険 比較トップに戻る

このページの先頭へ