現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 国内旅行保険 比較 > 国内旅行保険の選び方 > 国内旅行保険の補償内容

国内旅行保険結構役に立つ国内旅行保険国内旅行保険の補償内容

国内旅行保険は海外旅行保険同様、旅行時のトラブルを補償する保険で、国内旅行のために自宅を出てから帰宅するまでの事故を補償するものです。

補償内容はケガによる死亡や入院、通院など普通の傷害保険と同様の補償が基本になっていて、海外旅行保険にもある携行品損害や救援者費用の補償がセットされていますが、海外旅行保険にある病気死亡や病気の治療については補償されません。傷害保険の国内旅行専用バージョンといった内容になっています。

例、3泊4日の基本プラン(C社)
補償内容 プランA プランB プランC
死亡・後遺傷害 443万円 556万円 729万円
入院保険金日額 3,000円 5,000円 9,000円
手術保険金 手術の種類により入院日額の10倍・20倍・40倍
通院保険金日額 2,000円 3,000円 5,500円
賠償責任 3,000万円 3,000万円 3,000万円
携行品損害 5万円 10万円 15万円
救援者費用 100万円 100万円 100万円
臨時費用 60万円 60万円 60万円
保険料 500円 700円 1,000円

これらの補償の他に、飛行機で旅行に行く際、飛行機が欠航したり着陸地変更によって代替の飛行機が利用できなかったりした場合に宿泊費用を補償する特約や、留守中に空き巣に入られて家の物(現金やクレジットカード、宝石や自動車などを除く)が盗まれた場合に補償する特約をセットできる保険会社もあります。

結構役に立つ国内旅行保険
関連ページ

<<国内旅行保険 比較トップに戻る

このページの先頭へ