現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 海外旅行保険の選び方 > 補償内容で保険料が変わる

旅行保険海外旅行傷害保険の保険料はどう決まる補償内容で保険料が変わる

他の保険と同じく海外旅行保険も補償の内容(数や金額)で保険料が変わります。海外旅行保険では特に「携行品」の補償の金額が保険料に影響しやすいようですが、補償の有無が最も保険料が変わりやすいことがわかります。下記の例ではフリープランを活用して不要と思われる補償を省くことにより保険料を節約することができました。

A社サイトで試算
補償内容 ハワイ7日間 Aプラン ハワイ7日間 フリープラン
補償金額 保険料 補償金額 保険料
傷害死亡 1,000万円 260円 なし 0円
病気死亡 1,000万円 240円 なし 0円
治療費用 1,000万円 1,620円 500万円 1,580円
賠償責任 1億円 10円 1億円 10円
救援者費用 1,000万円 140円 1,000万円 140円
携行品損害 50万円 820円 20万円 490円
航空機寄託手荷物
遅延費用
10万円 110円 なし 0円
合計保険料 - 3,200円 - 2,220円
海外旅行保険の保険料はどう決まる
関連ページ

<<海外旅行保険 比較トップに戻る

このページの先頭へ