現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 海外旅行保険の選び方 > 賠償責任補償も必要

旅行保険海外旅行保険のトラブルは高くつく賠償責任補償も必要

海外旅行保険には治療費用の補償の他にも賠償責任補償、携行品損害補償などいくつかありますが、特に賠償責任補償については治療費用補償と並んで重要な補償です。先の支払い実績データでは他の補償に比べて割合は小さいですが、日本よりも訴訟する習慣が定着している海外では思わぬ賠償金を負わされることもありその金額も高額です。

賠償責任の事例(AIU保険会社の事故事例より)
場所 年齢 性別 金額 状況
フランス 21 女性 (傷害治療費用)
38,000円
(賠償責任)
12,000,000円
スノ-ボ-ドで滑走中、停止しているスキ-インストラクタ-に突っ込み負傷させる。被害者は右足と左鎖骨を骨折。治療費、慰謝料、後遺障害、休業損害等請求される。

また支払いデータで2番目に多い「携行品損害補償」は海外旅行保険の中では身近な補償であり実際役に立つことが多いと言えます。

携行品損害の事例(AIU保険会社の事故事例より)
場所 年齢 性別 金額 状況
メキシコ 27 男性 148,300円 メキシコシティシルバ駅にて持っていたリュックをひったくられる。デジカメ、電子辞書等が被害品。犯人を追いかけたが人ごみのため見失う。

このように見てみると、海外旅行保険の必須補償は「治療費用補償」「賠償責任補償」「携行品損害補償」の3つの補償と言えるでしょう。

海外旅行のトラブルは高くつく
関連ページ

<<海外旅行保険 比較トップに戻る

このページの先頭へ