現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 海外旅行保険・留学保険の豆知識 > 海外旅行保険 フランスの医療費

海外旅行保険 フランスの医療費

海外旅行保険 フランスの医療費

日本人の被害はスリ、置き引き、ひったくりの順に発生件数が多く、パリではオペラ座周辺、モンマルトル界隈、シャンゼリゼ通り、ノボテルホテル(旧ホテル日航)周辺、地下鉄の1号線及び北駅、東駅、リヨン駅、ルーヴル美術館、ノートルダム寺院、モンマルトルのサクレクール寺院周辺などで多発しています。南仏ではマルセイユで強盗、ニースでスリなどが発生しています。睡眠薬を使った強盗や性的被害、偽警察官による盗難、地下鉄でのグループによるスリ、キャッシュカードの暗証番号を盗み見され、カードをだまし取られて、現金を引き出されるケースも増加傾向です。

フランス
救急車(電話番号) 15 SAMU(フランス政府承認の救急医療サービス)
薬の入手方法 医師の処方箋が必要
外来初診料(胃腸炎) 公立病院 約146,800円(入院した場合に限り必要)
私立病院 約102,400円
病院の部屋代(1日当たり)
(薬代、X線代、検査費は含まれない)
公立病院 個室 病院による
セミ個室 無料もしくは約4,000円-
私立病院 個室 約102,700円
入院保証金 公立病院 必要(保険がない場合。病院により金額は異なる)
私立病院 必要(病院により金額は異なる)
手術費 公立病院 虫垂炎 約208,900円-
アキレス腱断裂 約208,900円-
私立病院 虫垂炎 約465,400円-約664,900円
アキレス腱断裂 約664,900円
当地から日本への移送費 約5,850,500円-約6,383,200円
(ストレッチャー使用、定期便利用、付き添い医師1名、看護師1名)
備考

●移送費は利用する航空会社および、時期により異なります。

●SAMUとは、Service d'Aide Medicale Urgenteの略で、政府承認の緊急医療、緊急医療扶助サービスのこと。フランス全土においてサービスを展開している。

●私立病院は外来初診料や手術費に別途医師費用が加算される。

「世界の医療と安全2010」東京海上日動火災保険株式会社

このページの先頭へ