トップ > 自動車保険 > 自動車保険 用語集 > リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険

【りすくさいぶんがたじどうしゃほけん】
リスク細分型自動車保険は免許の色や車の使用目的をなど、自動車を運転する時や運転する人の事故のリスクを細かく分類して保険料が計算される自動車保険です。具体的には「運転者の免許の色」「年間走行距離」「車の使用目的」「使用地域」を保険料計算の要素に加えています。リスクを細分化することで、リスクが低い人ほど保険料が安く、リスクが高い人ほど保険料が高くなる仕組みになっています。
関連ページ

<< 自動車保険トップに戻る