トップ > 自動車保険 > 自動車保険の選び方 > 車両保険

自動車保険の補償内容自分の車のための「車両保険」

事故で自分の車が壊れた時に利用できるのが「車両保険」です。

車両保険は任意で入るか入らないか決めることができます。車両保険にはフルカバータイプとエコノミータイプの2種類がありますが、フルカバータイプの方が補償内容の範囲が広いため保険料は高くなります。

フルカバータイプとエコノミータイプの補償内容の違い
  フルカバータイプ エコノミータイプ
車と車の衝突
自動車以外の他物との衝突 ×
当て逃げ ×
転覆・墜落 ×
火災・爆発
盗難
台風・洪水・高潮
窓ガラス破損・いたずら・落書き

この車両保険の保険金額は、型式・年式・グレードによって「自動車保険の車両標準価格表」で設定できる金額が決まっているので、自分で好きな金額で加入することはできません。ただし、その金額にはある程度の幅があるので、その範囲内では好きな金額で加入することができます。車両価格表に載っている価格は、現在から過去8年までの間に新車登録された車の価格ですので、それより古い車になると、中古車相場の金額が参考価格になります。

関連ページ
注目キーワードページ

<< コラムの目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

<< 自動車保険トップに戻る