トップ > 自動車保険 > 自動車保険の選び方 > ネット通販型と代理店

ネット通販型と大手損保ネット通販型と代理店型は結局どっちがよい?

お財布の中身と相談してみると、保険料の違いは大きな問題です。

実際、契約者の条件によっては大手損保とネット通販型では年間保険料で数万円も差がでるのは当たり前です。ロードサービスや細かい条件をまったく同一にして比較することはできませんが、自動車保険の最低限の機能を前提に比較してもこれだけの違いがでます。一にも二にもまずは保険料節約!という人はネット通販型自動車保険が向いているかもしれません。ただし、ネット通販型自動車保険の場合、バイクや改造車、高級車、貨物自動車など契約できない車両がある保険会社もありますので確認が必要です。

補償内容については、基本的に違いはありません。また、ロードサービスについては各社特徴的ですが、充実感に関してはネット通販型に軍配があがるでしょう。

大手損保と通販型の一番の違いは「代理店」が介在するかどうかです。代理店の中には事故対応の時にアドバイスやフォローを親身に行ってくれる代理店もあります。サービスセンターの人とのやりとりを一人で行うのは不安という人は代理店型が適当です。

一方、代理店のフォローが必要ないという人であればネット通販型も選択肢に入ります。結局のところ自分が安心できる程度がどれくらいかということになります。代理店という存在が見えなくても会社のWEBサイトの情報だけで安心できる人であるならネット通販型でも何の不足もありません。

関連ページ
注目キーワードページ

<< コラムの目次を見る

わからない用語はここでチェック!~関連用語

<< 自動車保険トップに戻る