保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 火災保険 > 火災保険のよくある質問 > 契約者と被保険者の違いがわかりません。

選び方についての質問

契約者と被保険者の違いがわかりません。

契約者とは保険契約上のさまざまな権利・義務を持たれる方のことで、主に保険会社との保険契約を締結し、契約の権利(契約の内容や変更の請求など)と保険料の支払義務を持つ人を指しています。


これに対して、被保険者とは補償の対象となる人の事を指しています。


火災保険などの損害保険の契約では、保険事故が発生したときに保険金の支払を受ける人のことを指しています。また、火災保険などの損害保険では被保険者は法人である場合もあります。


一般的には契約者=被保険者であることが多いですが、例えば親が子供のために保険に加入する場合には「契約者=親」「被保険者=子供」となります。

同じカテゴリの質問(選び方について)
関連ページ

その他のよくある質問

火災保険についてもっと知る