保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 火災保険 > 火災保険のよくある質問 > 入居しているアパートが火事になった場合、入居者が加入している火災保険で補償されますか?

補償内容についての質問

入居しているアパートが火事になった場合、入居者が加入している火災保険で補償されますか?

建物部分の損害には対して補償されませんが、入居者が所有する家財に損害があった場合には補償されます。


アパートに入居している場合、建物部分は大家さんが所有しています。

一方で、アパート入居者の方が一般的に加入している火災保険は入居者の方が所有する「家財」を対象としている保険です。したがってアパートの建物部分が火事になっても、アパートの入居者が加入している火災保険(家財保険)で補償されることはありません。


ただし建物部分の火災の延焼や消火活動により家財に損害があった場合には、アパート入居者が加入している火災保険(家財保険)で補償されます。


また、アパート入居者が火事を起こしてしまい、大家さんから借りている部分に損害を与えた場合にはアパート入居者が加入している家財に対する火災保険の特約としてセットされている「借家人賠償責任保険」で、アパート入居者が大家さんに対して賠償しなければならない金額を保険会社が保険金として補償してくれます。

不動産会社で賃貸契約を締結する際に、不動産会社が入居者用の火災保険(家財保険)の加入を勧める理由はこの「借家人賠償責任保険」に入居者に加入して欲しいからなのです。

同じカテゴリの質問(補償内容について)

その他のよくある質問

火災保険についてもっと知る