保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 死亡保障の必要額は見直しが大事

生命保険死亡保障の必要額の見積もり方死亡保障の必要額は見直しが大事

<ライフイベントに合わせて死亡保障の必要額を見直す>

生命保険は加入した後も定期的な見直しが必要です。なぜなら、ライフイベントの変化や生活環境の変化で必要額は変わるからです。例えば加入する時、遺族の生活費は毎月20万円を20年間必要だと計算した場合、その時の遺族の生活費の必要額は20万円×12ヶ月×20年=4,800万円です。それから10年経過すると、20万円×12ヶ月×10年=2,400万円となりますので、見直しが必要なことは明らかです。また、加入時には賃貸に住んでいて、その家賃で遺族の住居費を見積もっていた場合、マイホームを購入するとその家賃分の保障は必要なくなります。さらに子どもが独立すれば、教育費の保障も不要になり生活費も減るので死亡保障の必要額は大きく減少するでしょう。

これから必要な経費の累計

<死亡保障の必要額の見直しのタイミング(例)>

死亡保障の必要額はライフイベントや生活環境の様々な要因で変化します。毎年の見直しが理想ですが、数年ごとなど定期的な期間で見直したり、環境に変化があったり、ライフイベントが訪れたりした時には必ず見直しするようにしましょう。

見直しのタイミング 死亡保障の必要額の変化の例:主に世帯主(家計の中心者の保障の場合)
子どもが生まれたとき 遺族の生活費や住居費、教育費などの保障が必要になる
マイホームを購入したとき 死亡保障で見積もっていた家賃分が必要なくなる(団体信用生命加入の場合)
子どもが独立したとき 子どもの分の生活費や教育費の保障が必要なくなる
定年退職したとき 暮らし方や今後のライフイベントが変わるので必要額は大きく変化する
独立・転職したとき 会社員から個人事業主になると国民年金だけになる
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

関連ページ

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談