保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 高度障害保険金

生命保険生命保険、こんなことも知っておこう高度障害保険金

<死亡保険金と同額の保険金を受け取る高度障害保険金>

終身保険、定期保険、三大疾病保障保険などの生命保険では、死亡した場合の他に、ケガや病気が原因で高度障害になった場合にも、死亡保険金と同額の保険金を受け取ることができます。これを「高度障害保険金」と言います。

高度障害とは、下表のような「両眼の視力を完全に失う」「両腕あるいは両足を失う」など、保険会社が約款で定めた障害状態で回復の見込みのない状態を言います。例えば、メガネやコンタクトレンズで視力矯正しても、両眼とも矯正視力が0.02以下の場合や、両腕の肩・肘・手首が完全に固まって動かせない状態、両脚が麻痺して運動機能を失った場合などが該当します。

保障が始まる前のけがや病気が原因で高度障害になった場合や、回復の見込みがある時は高度障害保険金を受け取ることはできません。高度障害保険金を受け取ると保険契約は終了し、その後死亡した場合でも死亡保険金は支払われません。

高度障害保険金を受け取れる障害状態
  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系や精神、胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢とも手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

なお、保険会社の定めた高度障害と、身体障害者福祉法で定められた身体障害は違います。例えば、心臓ペースメーカーの装着で生活に大きな制限があれば身体障害1級になりますが、生命保険の高度障害には該当しません。

生命保険(終身保険・定期保険・三大疾病保障保険)死亡時には死亡保険金 障害になったら高度障害保険金(同額)

<災害割増特約や傷害特約でも障害時の保障が>

終身保険や定期保険などに特約で付けることができる、災害割増特約や傷害特約でも障害状態になった時には保険金を受け取ることができます。災害割増特約は、交通事故や土砂崩れなど、突発的な事故や災害(不慮の事故)で高度障害になった時に保険金を受け取ることができるものです。不慮の事故以外でのケガや病気が原因で高度障害になった時には保険金を受け取ることはできません。これが、終身保険や定期保険などとの大きな違いです。

また、傷害特約は、障害状態になった時の保険金を受け取り方が災害割増特約の場合とは違います。傷害特約では、突発的な事故や災害で180日以内に死亡した場合や所定の身体障害状態になった場合に保険金が受け取れますが、ここで言う身体障害は高度障害ではありません。傷害特約の場合は障害の状態を1級から6級に分け、災害死亡保険金の一定割合(10~100%)が障害給付金として支払われます。ただし、受け取ることのできる保険金は、通算して災害保険金の金額までとなります。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング