保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > どこで加入する?保険会社の選び方

生命保険加入する時の注意点どこで加入する?保険会社の選び方

<どこで保険に加入するか考えよう>

保険に新たに加入する際や見直しをする際、まずはどこで手続きをするかを考えてみましょう。ネットの代理店で自分で選ぶのか、保険会社や代理店に連絡をして家などに来てもらって対面で説明を受けるのか、保険ショップなどへ出向いて加入するか、銀行の窓販を利用するか……さまざまな方法があります。

それぞれの窓口で保険に入る時のメリットや注意点、どんな人に向くかなどについて考えてみます。

ネット代理店

24時間いつでもネット上で保険選びができるのがメリット。たくさんの保険会社の代理店になっていることが多く、商品の中から絞り込み検索などで商品を抽出し、比較することができます。電話で相談はできるものの、原則、自分で商品情報を読みこんで判断しないといけませんが、保険の知識がある程度あって、より自分に合った商品を自分で選んで入りたい人に向きます。

代理店・直販社員

直接会って、個人の資産状況やライフプランなどを把握した上で提案してもらえることがメリット。複数社の保険商品を取り扱っている代理店の場合は、その中でニーズに合ったものを、1社しか取り扱っていない場合はその会社の商品の中で提案を受けます。担当者に会って説明を受けたい人や、保険会社はココ、と決めている人には向きますが、資産を明かしたくない人やセールスされるのが苦手という人には向きません。

保険ショップ

空いた時間に出向いて行って相談し、提案を受けることができます。資産状況などを開示した上で、複数社の中から有利な商品を提案してもらうことができます。複数社の保険会社の商品を扱っていますが、商品数が多い分、窓口の担当者の知識が問われます。資産状況を開示したくない人や、自分で調べて選びたい人には向きません。

銀行の窓販

銀行でも保険商品を取り扱っていて、空いた時間に相談できます。ただし、貯蓄型や一時払いの商品が多く、またラインナップは限られています。ニーズに合っているかよく見極める必要があります。

<「会社の健全性」も見極めを>

商品選びの際に、確認したいのが保険会社の健全性です。保険会社が破綻しても契約者保護制度があるため保険契約がなくなってしまうことはありませんが、保険契約がダメージを受けるリスクはあります。保険会社選びにも「自己責任」が求められる時代といえます。

「健全性」の目安として参照したいのが、ソルベンシーマージン比率、格付けデータ、その他のディスクロージャーデータです。商品を絞り込んだ段階で、忘れずに保険会社の健全性もチェックしましょう。

項目 ココをチェック
ソルベンシーマージン比率 大災害や株価の暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対する支払余力があるかどうかを判断する行政監督上の指標の1つ。リスクを数値化し、自己資本、有価証券や土地の含み損益などで何%分をカバーできるかを示す指標です。数字は高ければいいというわけではありませんが、過去の生保の例では300~400%でも破綻しており、最低でも600~700%以上あることを確認しましょう。
格付けデータ S&P社やR&Iなどに代表される「格付け会社」が、保険会社の保険金支払能力に対して格付けを行っています。この格付けデータも、保険会社の破綻リスクをチェックする際の参考にしたいもの。S&P社の例で「AAA」が最も評価が高く、「AA」「A」「BBB」「BB」「B」と下がるほど破綻リスクが高くなります。「A」以上であることが理想です。格付けデータも複数社のものを見比べて判断を。
ディスクロージャーデータ 慎重を期するのであれば、保険会社の決算その他のデータも見ておきたいところ。保有契約高の増減や、株などの含み益をチェックすれば、最近の変化を押さえることができます。保有契約高が急激に減っていて新規契約が増えていないようなら要注意。
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

関連ページ

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう


このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談