保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 加入と解約のタイミング

生命保険加入する時の注意点加入と解約のタイミング

<保障はいつから始まる?>

新たに生命保険に入るには、契約の申込みと告知(または医師の診査)を行い、さらに第1回目の保険料を支払います。保険会社が申し込みや告知の内容から契約を認めることを「承諾」といい、保険会社が契約にある保険金・給付金などを支払う責任を開始する日を「責任開始日」といいます。契約者からすれば保障が始まる日です。

保険会社が契約を承諾した場合、責任開始日は、申込み、告知(診査)、第1回保険料の払込みがすべて完了した日になります。責任開始日より承諾の日が後になることが多いですが、その場合でもさかのぼって保障はスタートします。逆に、先に承諾がおりても、保険料の支払いが後になった場合には責任開始日は保険料支払いの日となります。

保障はいつから始まる?

<保険の「解約」とは?>

契約者は保険会社に申し出ることで、いつでも解約することができます。解約をすると契約は消滅し、それ以降の保障はなくなります。解約返戻金があれば解約時に支払われます。解約をした保険契約は元に戻すことはできませんので、手続きは慎重に行う必要があります。

<乗換えの際は解約のタイミングに注意>

保険の見直しを行った結果、元の保険を解約して新規の保険に乗り換えることに決めた場合、元の保険の解約のタイミングに注意しましょう。

まず、新しい保険に申込みをします(告知や診査、第1回保険料も済ませます)。その後、保険会社の承諾がおりて保障がスタートしたのを確認してから、元の保険を解約するようにしましょう。何らかの理由で新規の保険に加入できなかった場合は、元の保険が大事になってきます。解約を先にしてしまうと何も保障が無くなってしまうおそれがありますので、解約のタイミングを間違えないようにしましょう。場合によっては、1ヶ月程度保険料の支払いが重複することもありますが、必要経費と割り切ることも大事です。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう


このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談