保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 生命保険の見直しの流れ

生命保険生命保険の見直し方法生命保険の見直しの流れ

生命保険は人生のさまざまなリスクに備えるためのものです。自分や家族が年齢を重ねたり、ライフスタイルが変わったりすれば、自分にとってのリスクも変わります。生命保険もそのリスクに合わせて変化させていかないといざというときに役立ちません。折にふれて保険を見直すという作業も必要なのです。見直しが必要になった場合には、次のようなステップで見直しを行いましょう

<ステップ1 現状に合った必要な保障を考える>

まずは、今までの加入している保険のことは考えず、現状ではどのような保障が自分や家族に必要なのかを改めて考えてみましょう。

どんな種類の保障が必要?

死亡保障、病気やケガに対する保障、介護保障など、自分に必要な保障はなにかを考えてみましょう。

いくら必要?

必要な保障内容について、それぞれにいくらくらい必要なのかを考えてみましょう。その際、貯蓄や自分が入っている社会保険ではカバーできないのかなども検討してみましょう。

いつまで必要?

必要な保障は何年間、もしくは何歳ころまで必要なものなのかを保障ごとに整理してみましょう。

<ステップ2 現在加入中の保険と必要な保障を比較する>

現状に合った必要な保障内容を考えたら、現在加入中の保険の内容を確認してみましょう。以下の点に注目して比較してみてください。

必要な保障をカバーする保険種類か

現在必要な保障内容はカバーされているかどうか確認しましょう。

保障額に過不足はないか

保障内容が合っていたら、保障額を確認し過不足を確認しましょう。

保険期間は合っているか

保険期間を確認し、保障が続く期間が短すぎる、長すぎるなどを判断しましょう。

<ステップ3 具体的な見直し作業を行う>

必要な保障を洗い出し、現在加入中の保険ではカバーしていない、余分な保障があるなどの現状把握ができたら、見直し作業に入ります。見直しは次のような方法が考えられます。

不足している分は増額したり、特約を付加したり、新たな保険で補填する。
過剰な保障については、減額したり、解約する。
保障期間が合っていない場合には、延長・短縮したり、新たに保険期間が合っているものに加入する。

もし、新たな保険に加入し、いままでの保障は解約する必要がある場合には、新しい保険に加入してから不要な保険を解約します。先に解約してしまい、必要な保障が途切れる期間ができないよう注意しましょう。

生命保険見直しの流れ
1.現状に合った保障を洗い出す
  • 保障の種類の検討
  • 保障金額の検討
  • 保障期間の検討
arrow
2.加入中の保険の内容確認と比較
  • 保障内容はカバーしているか
  • 保障金額に過不足はないか
  • 保障期間は合っているか
arrow
3.見直し作業を行う
  • 増額や減額
  • 特約の中途付加
  • 保険期間の延長や短縮
  • 新たな保険に加入
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

関連ページ

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング