保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 払済保険・延長保険

生命保険生命保険の見直し方法払済保険・延長保険

保険の見直しで新たな保険に入り直した場合、現在の保険はどうしたらよいでしょうか?解約するのが一般的ですが、解約以外にも「払済保険」「延長保険」というものに変更する方法があります。いずれも解約返戻金がある場合に使えるものですが、新たに入り直した保険の上乗せ分として利用するなど、今まで加入していた保険を有効活用することができます。今後の保険料の負担がなくなることから、保険料を軽減したいという場合にも利用できる方法です。

<払済保険への変更>

保険料の払い込みを中止し、そのときの解約返戻金をもとに元の保険の保険期間を変えずに元の保険と同じ種類の保険(または養老保険)に変更する方法です。

払済保険への変更

終身保険や養老保険など貯蓄性の高い保険は、中途で解約すると払込保険料よりも解約返戻金の方が少なくなる場合があります。いますぐに解約返戻金が必要でなければ、払済保険に変更し保障を継続することで、保障額は下がるものの保障は続き、解約返戻金も年々増えていきます。将来お金が必要になった時点で解約して解約返戻金を受け取ったり、契約者貸付を利用することも可能です。

ただし、解約返戻金が少ないと払済保険に変更できないことがありますので、変更可能か、変更後の保障額はどれくらいになるかは現在加入している保険会社に確認しましょう。また、入院特約など特約が付いていた場合には特約は消滅しますので、必要である場合は別途加入することになります。

<延長(定期)保険への変更>

保険料の払い込みを中止し、そのときの解約返戻金をもとに死亡保障のみの定期保険に変更する方法です。保険金額は元の契約と同額で、保険期間は解約返戻金の額から決定されます。そのため元の契約より保険期間が短くなる場合があります。

延長保険に変更することで、以降の保険料の払い込みは不要になります。保険料負担が厳しいけれど、ある程度の期間までは保障が必要というような場合にも有効な方法です。

延長(定期)保険への変更

ただし、解約返戻金が少ないと延長保険に変更できないこともありますので、変更可能か、変更後の保障期間はどれくらいになるかは保険会社に確認しましょう。また、入院特約など特約が付いていた場合には特約は消滅しますので注意しましょう。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談