保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 見直しタイミングその4 子どもが社会人・定年・介護

生命保険生命保険の見直し方法見直しタイミングその4 子どもが社会人・定年・介護

<子どもが社会人になった>

子どもが社会人になったときには親の死亡保障を見直しましょう。教育費分や生活費のうち子どもの分についての死亡保障は必要でなくなるため、減額することができます。ただし、収入保障保険や逓減定期のように子どもの成長に合わせて保障額が減っていくタイプの保険に入っていた場合は、大きな減額が必要ない場合もあります。

子どもが社会人に
子どもが社会人に

*事例で示した金額はあくまでも1つの例にすぎません。個別の状況により保障額は異なります。

<定年退職を迎えた>

契約者が定年退職を迎えたときも、死亡保障の見直しのタイミングです。扶養家族のいない人は、葬儀費用など死後の整理費用だけに絞り込むことができます。すでに子どもが独立して、もしものときに意識するのは妻の生活だけという人は、死後の整理費用+αの保障を残せばいいでしょう。

定年退職後でも、子どもがまだ学生であったり自立できていない場合は、さらに子どもの保障も必要になります。保障を減らすのは子どもが経済的に自立する時期まで待ちましょう。

定年退職を迎えた時の保険の見直しの際には、「相続」という視点も大事です。資産状況を見直して、相続対策(保険による節税対策や相続税準備)が必要ないかどうかの確認も行いましょう。

定年を迎えた(子供はすでに社会人、妻に残す分を含む)
定年を迎えた(子供はすでに社会人、妻に残す分を含む)

*事例で示した金額はあくまでも1つの例にすぎません。個別の状況により保障額は異なります。

<親を扶養・介護することになった>

体が弱ってきた、あるいは要介護状態になった親を扶養することになった時も、死亡保障を見直すタイミングです。万一の時に親が介護施設に入れる資金の一部にでもなるように、残す分を死亡保障として上乗せしておくと安心です。それは、夫でも妻でも、あるいはシングルの場合も共通です。その分は受取人を親にしておくといいでしょう。

ただし、親がそれなりの資産を持っていたり、自分に万一のときに介護を引き継いでくれる兄弟・姉妹などがいる場合は死亡保障の上乗せは必要ないでしょう。

親を扶養・介護することになった
親を扶養・介護することになった

*事例で示した金額はあくまでも1つの例にすぎません。個別の状況により保障額は異なります。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談