保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 期間と保障額を見直す

生命保険生命保険の見直し方法期間と保障額を見直す

加入中の保険で、保障が必要な期間と合っていないという場合には、期間を延ばしたり短くしたりすることで調整します。また、保障額が不足している、多すぎるという場合にも減額したり増額したりすることで見直しをします。

<保険期間をのばしたい場合、短くしたい場合>

保険期間を変更することで、現在加入中の保険を必要な保障期間に合わせることができます。もし、必要な期間よりも加入中の保険の期間が短ければ20年から30年に変更する、などの手続きをしましょう。ただし、保険会社によっては期間延長の取り扱いをしていないこともありますので確認してみてください。また、変更時の健康状態によっては期間変更できないこともあります。変更後の保険料は、その時点の年齢で計算する場合と加入時の年齢で計算する場合があります。期間変更に伴い、追加の費用を支払う必要があるケースもあります。なお、期間を短くした場合、解約返戻金がある保険の場合には短縮した分の解約返戻金が戻ってくることもあります。

保険期間の変更
保険期間の変更

<保障額が合っていない場合には減額・増額を>

「現在は4,000万円の死亡保障だが子どもも大きくなったので2,000万円あれば十分だ」というような場合には「減額」という方法をとることができます。契約の一部を解約する形で行われ、結果的に保険料は少なくなります。保険会社の取り扱いによっては、減額することにより付いている特約も減額されたり、特約が消滅したりすることもありますので注意が必要です。

保障額の中途減額
保障額の中途減額

一方、保障額を多くしたいという場合には増額できる場合があります。増額する部分の保険料はそのときの契約年齢、保険料率で計算されます。ただし、健康状態によっては中途増額・増額更新ができないこともあります。

中途増額ができない場合には、他の保険に新規加入することで保障額を増やすことができます。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談