保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 独身

生命保険人によって違う必要額と保障期間の考え方独身

<独身者の死亡保障の考え方>

独身者に万が一のことがあった場合に必要になるお金としては、葬儀費用等の「死後の整理費用」が中心になると考えられます。加えて、自分に万が一のことがあった場合、お金のことで残された家族が困らないかどうか考えてみましょう。例えば、家族の生活費を負担している、車などのローンを返済中である等の場合には、その分も死亡保障として準備しておきましょう。

<独身者の死亡保障の必要額と期間はこう考える>

独身者の死亡保障の必要額は、どのような葬儀にしたいかや、その他死後の整理費用の内容、遺族に残さなくてはならない金額により大きく変わります。

なお、会社員や公務員の場合、続柄によっては遺族年金が給付されますので、遺族年金の仕組みや給付額も知っておきましょう。

例1.遺族に生活費を残す必要がない独身者
必要性 期間 考え方 金額
葬儀費用 一生涯 統計データなどから算出 200万円
生活費 × - - -
必要額の合計 200万円

遺族に生活費を残す必要がない人の場合、自分の葬儀費用やその他死後の整理費用を準備しましょう。葬儀の内容やお墓の有無なども考えて必要額を考えましょう。

例2.父母など家族へ生活費を残す必要がある独身者
必要性 期間 考え方 金額
葬儀費用 一生涯 統計データなどから算出 200万円
生活費 父母の年齢などから考える 残したい生活費×月数 900万円
必要額の合計 1,100万円

現在、父母など家族へ仕送りなどをしている場合、その金額とあと何年くらい必要かを考え、死亡保障の必要額を計算しましょう。

※葬儀費用の参考となる統計データについては「万が一の後の支出(葬式代)」を参照

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう


このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング