保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 三大疾病定期保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類三大疾病定期保険

<三大疾病でも保険金を受け取ることができる定期保険>

三大疾病定期保険は、保険期間中に三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になった場合に保険金を受け取ることができます。三大疾病にならなかった場合でも、死亡・高度障害状態(※)になった場合には保険金を受け取れるものです。

※高度障害とは、「両目の視力を完全に失う」「両腕あるいは両足を失う」など、保険会社が約款で定めた障害状態を言います。身体障害者福祉法で定められた身体障害等級とは異なります。

一般的に、三大疾病で所定の状態とは下表の通りです。ただし、保険会社によっては、例えば「がん」の場合、責任開始日から90日以内に診断確定されたものは保障されないことがあります。また、「急性心筋梗塞」「脳卒中」の場合は所定の手術を受けたときでも保険金が受け取れる会社もあります。

保険料は、通常の定期保険よりも三大疾病の備えがある分高くなります。

一般的な三大疾病の給付要件
病名 給付要件
がん 責任開始日以降に、初めて悪性新生物(がん)にかかったと医師によって診断確定されたとき(ただし、上皮内がんや悪性黒色腫以外の皮膚がん、責任開始日から90日以内に診断確定された乳がんは除く)
急性心筋梗塞 責任開始日以降に急性心筋梗塞になり、医師の診断を受けた初診日から60日以上労働が制限される状態(軽い家事などの軽労働や事務などの座業はできるが、それ以上の活動では制限が必要な状態)が継続したと医師によって診断されたとき
脳卒中 責任開始日以降に脳卒中になり、医師の診療を受けた初診日から60日以上、言語障害、運動失調、まひなどの神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき

<死亡や医療の上乗せ保障として活用する保険>

三大疾病定期保険は、三大疾病になった場合の備えとして利用することができます。三大疾病で所定の状態になると一時金で保険金が受け取れるので、医療費として利用したり、治療中で働けない間の生活費として利用することもできます。

三大疾病にならずに死亡しても、定期保険としての機能もありますから、死亡保障としても利用できます。ただし、一般的な定期保険よりは保険料が高いため、必要な死亡保障を三大疾病定期保険だけで準備しようとすると保険料の負担が大きくなります。遺族の生活保障としての死亡保険は通常の定期保険で入り、三大疾病になった場合の備えの分についてこの保険を検討するようにしましょう。

三大疾病定期保険のイメージ図
三大疾病定期保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談