保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 三大疾病終身保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類三大疾病終身保険

<三大疾病でも保険金を受け取ることができる終身保険>

三大疾病終身保険は、死亡時だけでなく、三大疾病※になった時にも、死亡保険金と同額の保険金(三大疾病保険金)を受け取ることができる終身保険です。三大疾病とは「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」3つの病気のことで、日本人の死因で多い病気です。

ただし、死亡保険金と三大疾病保険金の両方を受け取ることはできません。三大疾病になって保険金を受け取るとそこで保障は終わるからです。その後死亡しても保険金は支払われない仕組みになっています。三大疾病保険金を受け取らずに死亡した場合は、死亡保険金を受け取ることができます。

※また、三大疾病で保険金を受け取ることができるケースは、病気ごとに異なっています。例えば「がん」の場合、初めてがんと診断された時点で保険金を受け取ることができますが、「急性心筋梗塞」「脳卒中」の場合は、それぞれ、医師の診断を受けてから一定期間以上、働けない状態や後遺症が続いている場合のみという条件付きです。

<死亡時だけでなく生きていくための終身保険>

このように、三大疾病への備えとして、医療保障のように利用できる終身保険ですが、医療保険(医療特約)などとは保険金の受取り方が違います。医療保険は「入院1日当たりいくら」といった受取り方ですが、三大疾病終身保険の場合は、三大疾病になると、死亡保障と同額の保険金を一括で受け取ります。また、受取人についても、死亡保険金は“遺族”ですが、三大疾病保険金は“自分自身”です。

三大疾病になった時、条件を満たせばまとまった保険金を生前に受け取ることができるので、例えば、受け取った保険金を治療費や入院費、あるいは働けない間の収入減を補うための生活費として利用することができます。

三大疾病終身保険のイメージ図
三大疾病終身保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談