保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > アカウント型保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類アカウント型保険

<保障と積立貯蓄の両方を実現する保険>

アカウント型保険は、一般的には「利率変動型積立保険」と言われます。主契約にあたる「積立部分」と、特約にあたる「保障部分」の2つがひとつになった保険です。

アカウント型保険の特徴は主契約が「積立口座(アカウント)」になっていることです。支払った保険料はいったん積立口座に入ります。保障部分の保険料が積立口座から支払われ、残りが積立金として積立口座で貯まっていきます。一定期間経過後は保険料を変更することができるので、家計に余裕があるうちに貯めておきたい、積立金を増やしたい、余裕が無いので積立金は少なくして保険料を抑えたい、など家計に合わせて調整することもできます。

積立部分は一定の利率で運用され、一定期間経過後は引き出すこともできます(注)。保険料の払込期間満了後は、その時点での積立金をもとに終身保険や年金に移行することもできます。万が一、積立ての途中で死亡した場合には、その時点の積立金相当額が死亡給付金として支払われます。(注)引き出す時には契約からの経過時期に応じて手数料がかかります。

保障部分は、死亡保障(終身・定期)、医療保障、介護保障などを特約として付けることができます。積立部分から保険料を捻出して保障を増やしたり、保障を減らして積立金を多くするなど、保障内容も適宜見直すことができます。

<アカウント型のメリットと注意点>

アカウント型保険は、万が一のときの死亡保障はもちろん、医療・介護保障、年金などさまざまな用途に利用することができ、積立貯蓄としての機能も持ち合わせています。保障の追加や入れ替えの自由度が高いので、ライフプランの変化にあわせて、柔軟に保障を組み替えていくことができます。

ライフプランが確定していない若い世代が最初に選ぶ保険としての利用や、でき上がった定形型の保険に満足することなく、自分自身で主体的に保障を選んで保険を作りたい人に向いています。保障の見直しもしやすい、フレキシブルな保険と言えます。

一方、積立金と保障部分の保険料の内訳をしっかりと把握していないと、貯めているつもりが貯まっていなかった、ということも起こりやすくなります。将来は終身保険に移行しようと思っていても、積立金が少なく思っていたような保障が得られない可能性もあります。自由度が高い一方、加入する側がしっかり仕組みや内容を理解していないとうまく活用できないという一面もあります。

アカウント型保険のイメージ図
アカウント型保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談