保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 定期付終身保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類定期付終身保険

<終身保険と定期保険をセットした保険>

定期付終身保険(定期保険特約付終身保険)は、終身保険をメイン(主契約)として、定期保険をオプション(特約)で組み合わせた保険です。「終身保険」で一生涯の死亡保障を、「定期保険特約」で一定期間だけ必要な死亡保障をというように、2つの保障を同時に準備することができます。終身保険の保障は一生涯続きますが、定期保険特約の保障は、終身保険の保険料を払い終えるタイミングで満期が来て、その時点で保障は終わります。

オプションである定期保険特約には、「更新型」と「全期型」の2つのタイプがあります。 「更新型」は、10年あるいは15年などで満期となり、その後同じ保険期間で更新できます。最大、主契約である終身保険の保険料の払込みが終わるまで更新することができます。一方の「全期型」は、終身保険の保険料の払込みが終わるまで保険料を払い続け、保障も同じ期間だけ続きます。更新はなく保険料は変わりません。

受け取る保険金は、終身保険と定期保険特約を合算した金額です。例えば、終身保険の死亡保険金額200万円、定期保険特約の死亡保険金額が2,000万円であれば、死亡時には合計で2,200万円の保険金を受け取ることができます。ただし、定期保険特約の保障がなくなった後は、終身保険だけの保険金額になり、この例で言えば、200万円の死亡保障だけが一生涯続きます。

<高額な保障が必要な期間に活用しやすい>

定期付終身保険(定期保険特約付終身保険)は、葬儀代などの死後の整理費用と、遺族の生活費用を同時に準備することができます。葬儀代などは、いつ必要になるか分からないため、一生涯保障の続く終身保険を活用します。

子どものいる家庭では、子どもが独立するまでは教育費など、何かと支出が多いものです。そのような時期には、割安な定期保険特約で高額な保障を準備することができます。高額な保障が必要な時期でも、家計の負担を最小限に保障を確保できるのが定期保険特約の強みです。更新型の定期保険特約の場合は、更新時に子どもが独立しているなど、高額な保障が必要なければ、減額するなどして保障額を見直すきっかけにもなります。もちろん全期型であっても途中で減額や増額などの見直しは可能です。

定期保険特約付終身保険のイメージ図(更新型)
定期保険特約付終身保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談