現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 朗報!教育資金の「出口」である大学生の就職率が回復

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

朗報!教育資金の「出口」である大学生の就職率が回復

2015/05/29
この記事に含まれるキーワード

教育資金の出口はいずこ?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2920cbe438bdde4d6bb4e1a488df0dc9459b7f4d.31.2.14.2.jpg画像を拡大する教育は親が子に与えられる無形の財産です

親が必死に家計をやりくりしてわが子の教育資金を捻出し、無事に希望の大学に合格!となりました。喜ばしいことですが、でもそれは本当のゴールではありません。

夫はこづかいをこれ以上ないまでに削り、妻はパートをして稼いだお金を右から左へと教育費に充て、どうにかこうにか4年間、無事に卒業できました。またまた嬉しいことですが、実は卒業もゴールとは言えません。

では、教育資金の「出口」は何かというと、そうです。就職です。できれば安定的な企業等に就職をして、社会の一員としてしっかり働き、安定的にお給料をもらって初めて、親は肩の荷を降ろせるのです(就職して1、2ヵ月で辞めてしまう学生もいるので、職場になじんだときが本当のゴールというべきかもしれませんが)。

最近、子どもの就職に口を出す親が増えているのは、ひっくり返せば、最も肝心なツボが就職だからに他なりません。幼稚園時代から含めると1000万~3000万円もの教育費をかけて育て上げた挙句に、新卒から派遣やフリーターになってしまっては報われません。必死になる親の気持ちもよくわかります。

一気に「売り手市場」に!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/4f63421a256b2c11e5e79e825fd96c8714ba6219.31.2.14.2.jpg画像を拡大する就職率の改善で親はホッとします

さて、そんな心配性のパパ・ママに朗報です。

不景気の影響で長く就職氷河期が続いていましたが、特に昨年以降は景気回復の兆しが見られ、大学生の就職率も回復してきました。2015年3月に卒業した大学生の就職率は96.7%で過去2番目の高さだそうです(文部科学省・厚生労働省調べ)。

大学生の就職率は過去最低をマークした2011年の91.0%からじわじわ上昇してきてはいましたが、これは大学生が大企業から中小企業へと就職先の対象を広げた効果が大きかったはずです。

一方、2015年度の就職率の改善は、大企業が求人を増やしたことにより改善したもの。しかも、2016年度も企業は新卒採用を積極的に行う見込みだそうで、しばらく聞かれなった「売り手市場」という言葉が飛び交っています。

そのおかげで、2014年3月時点で卒業時に就職できなかった学生は約2.2万人いたのですが、2015年3月時点では1.4万人へと大幅減少。就職が視野に入っている親御さんには、まずはうれしいニュースです。今後も今のような環境が続くことを祈るばかりです。

  • mixiチェック
記事を書いた人豊田 眞弓FPラウンジ 代表 ファイナンシャルプランナー

「永続可能な家計を実現して、今日も未来もハッピーに」がモットー。個人相談や実行支援、セミナー、マネーコラム、記事監修等を通じて、皆さんの人生の舞台裏を支えます。
HP:FPラウンジ
google+:豊田 眞弓

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ