保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 個人賠償責任保険に入り過ぎていませんか?

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

個人賠償責任保険に入り過ぎていませんか?

2015/06/29
この記事に含まれるキーワード

気付かない間に過剰に補償に入っている!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/56711e6b39f558f9a7aaa8cfa7a4c993c649aa14.97.2.14.2.jpg画像を拡大する万が一の時の補償はカバーされていますか?

個人賠償責任保険は日常生活の中で他人に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償義務を負った際に補償される保険です。
万が一をカバーする大事な保険ですが、重複して加入していることがあります。
加入し過ぎの理由と、適切に加入するためのポイントをお伝えします。

個人賠償責任保険の補償額は数千万円から無制限までと高額ですが、保険料は月額で100円台と少額です。
現在は個人賠償責任保険に単独で加入することができません。
少額で特約として付加されているため、気付かないうちに重複して加入している場合があります。

重複して個人賠償責任保険に加入していても、補償されるのは実際の賠償額までとなります。

例えば、補償の上限が1億円の保険を2つ契約していたしても、賠償額が200万円の場合、各契約から200万円が支払われるのではなく、合計で200万円が支払われるだけです。

つまり、たくさん加入していても、たくさんの補償を得ることができるわけではありませんので、必要以上に加入していないか確認しましょう。

どんな保険に個人賠償責任保険が付いているか確認しよう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/121c5ff29aebbf107b20d4a32a7684ddb4f05ced.97.2.14.2.jpg画像を拡大する保険料や補償がくだけでなく、補償内容も確認しよう

個人賠償責任保険がセットまたは特約で付加されている保険商品には次のような商品があります。

・自転車保険
・自動車保険
・火災保険
・共済などの子ども保険など

これらの保険に加入している場合、それぞれに個人賠償責任保険がついているか確認しましょう。

複数の保険で個人賠償責任保険に加入している場合、どの契約を残すか、または新規で検討する必要があるか、次の事を考慮して考えましょう。

・補償額の大きさ
・保険料の安さ
・示談交渉サービスの有無

示談交渉サービスとは、あなたが被害を与えた人との賠償問題についての交渉を保険会社が代行してくれるサービスです。問題が起こった時に交渉する自信がないという人には心強いサービスです。

保険料、補償額以外にも補償内容やサービスなども確認して、納得のいく内容の保険に加入しましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人中野 敦成LBプランニング 代表 ファイナンシャルプランナー

<FP-RECOご当地FP®:大阪府>
理系大学卒業後、SEとして勤務。2005年から金融機関勤務経験なしから独立FP事務所を開設。FPとしての専門性を持ちながら一般の方目線でのセミナー、執筆に定評がある。 普段は大阪の事務所で個人向けの家計、運用相談を行っている。
HP:LBプランニング
google+:中野 敦成

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ