現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 通信費が家計を圧迫している人へ、料金節約ワザを伝授!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

通信費が家計を圧迫している人へ、料金節約ワザを伝授!

2015/07/22
この記事に含まれるキーワード

あなたの料金プラン、利用状況と合っていますか?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3843b6f98826433a2b3d61bc3c2ed157b2112faf.77.2.14.2.jpg画像を拡大する自分が使う機能と使わない機能を見極めよう

家計支出の中で、通信費に負担を感じていませんか?
スマートフォン(以下、スマホ)が普及し、どこでもメールやネット・動画が見られるなど便利な反面、データ通信料の負担が増え、家計の大きなコストになっているようです。

実際、大手通信会社でスマホを契約している場合、夫婦二人で毎月2~3万円を支払っている例も! 家計の中で通信費が負担なら、まずはスマホの利用状況と料金プランやオプションが合っているかをチェックしましょう。

例えば通話が多く、インターネットはメールやSNSが中心で動画はほとんど見ない人なら、定額料金で通話し放題のプランへ変更し、データ通信容量の少ないプランを選びます。

また、留守番電話サービスや故障時の保証などの有料オプションも、これまでほとんど利用していないものや、今後も利用見込みがないものは外しておきましょう。

スマホ料金の価格破壊が始まる?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/07dde04c24a80ddcc3b4fd7d466a560b0c8dc21a.77.2.14.2.jpg画像を拡大するもう手放せない!スマホの通信費を見直してみては?

契約プラン見直し以外で通信費節約の切り札があります!
それは、大手通信会社の回線を借りて低コストで通信事業を行う会社が提供する「SIMフリー」「格安スマホ」への乗り換えです。

“SIM”とは、電話番号や契約者の情報が記録されたICカードのこと。スマホなどの利用にはSIMカードが必要ですが、これまではひとつの通信会社の機種でしか使えませんでした。ところが、いまではこの制限が解除され、SIMカードや機種を自由に選べます(※)。

例えば、通話よりもデータ通信がメインなら、データ通信専用SIMカードとSIMフリー端末を組み合わせ、通話は無料のアプリを使うことで料金は大きく下がります。
ただし、データ通信は一定の容量を超えると通信スピードが遅くなることや、通話の定額プランは用意されていないことは憶えておきましょう。

いまではスマホのない生活は想像しにくいですね。長く付き合っていく通信費ですから、ムダな部分は見直しておきたいもの。皆さんの使い方に一番合うプランを提供してくれる通信会社を見極めて、家計改善につなげましょう!

※SIM解除には手続きが必要です。また、一部の機種ではSIM解除できない場合があります。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ