現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 教育費のかけ方が変わるかも?知っておきたい大きな変化

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

教育費のかけ方が変わるかも?知っておきたい大きな変化

2015/11/24
この記事に含まれるキーワード

2020年度より大学入試が変わる!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/fb99da4d16c7e318b6a1a7f7244f669e39d28a16.31.2.14.2.jpg画像を拡大する入試が変われば求められるものも変わる

ファミリー層のライフプランを立てる際に、柱の1つになるのは教育費です。どんな進路でどれくらいの目標額をたてて、どんな方法で貯めるのか。大事なアドバイスのポイントです。実は、進路の考え方や教育費のかけ方にも影響する、大きな変化の波が来ていることをご存じでしょうか。2つ、押さえておきましょう。

まず1つが、「教育の2020年問題」。2020年度から大学入試が変わります。現在の「センター試験」は「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)というものに変わる予定です。センター試験では、知識の確かさや知識量が問われる傾向が強かったのですが、新しい大学入試の制度で重視されるのは「考える力」になります。グローバル競争に勝てる人材を育成する目的で行われる教育改革だからでしょう。

といっても、具体的なものは何も打ち出されていないため、今のところどんな試験になるのか、どんな対策をすればいいのかなど全く不明です。「知っている」だけではなく、その知識を使っての「考える力」を問う試験になるようです。

現在、中学1年生よりも下の子は、新しい大学入試になります。今までの受験対策の方向性とは大きく変わってくるようですから、今後の情報を収集したいものですね。

国立大学も推薦入試が増える傾向に!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c28c311b503e7f8a11e89ba9d2a222be0b3f1dc7.31.2.14.2.jpg画像を拡大する大学の推薦入試はますます広がる?

現在、私立大学に入学する約半数は推薦入試なのだそうです。指定校推薦、AO、スポーツ推薦、公募推薦などさまざまなものがあります。子どもが少なく、今や入りたい学生が皆入れる「全入時代」。大学も必死に学生を確保しようとしているのでしょう。

が、私立に限らず、国立大学でも推薦を増やす傾向が強まっています。今年から、東大・京大まで推薦入試を導入したと、報道されていました。国立大学でもすでに多くの大学で推薦やAOが取り入れられています。高3の姪も第一志望は国立大学。12月に試験だというのでよく聞いてみたところ、学校推薦の面接だそう。試験も大きく変わりましたよね。

ちなみに、東京大学では「じっくり面接を行って適性を見るAO入試」だそう。受験で入ってこないような異才を見つける目的のようです。来年度の入学者では100人程度(約3%)を募集。書類審査、面接で通ったら、センター試験の前期で合格が決まります。
とはいえ、東大レベルの推薦だと、センター試験の点数も求められるので、けっしてハードルは低くはないようです。

  • mixiチェック
記事を書いた人豊田 眞弓FPラウンジ 代表 ファイナンシャルプランナー

「永続可能な家計を実現して、今日も未来もハッピーに」がモットー。個人相談や実行支援、セミナー、マネーコラム、記事監修等を通じて、皆さんの人生の舞台裏を支えます。
HP:FPラウンジ
google+:豊田 眞弓

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ