現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 留守がちな人へ! 年末の「ドロボウ」回避法

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

留守がちな人へ! 年末の「ドロボウ」回避法

2015/12/03
この記事に含まれるキーワード

ドロボウが嫌がる家とは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/d1c651f03f8d6cf570b7483146e40438975aea9c.53.2.14.2.jpg画像を拡大するカギはあてにならない? さらなる対策が必要です。

自慢できませんが、筆者が住む愛知県は、住宅のドロボウ被害数が日本一の県です。住宅の侵入被害件数は、なんと8年連続で全国ワースト1位。あのベストジーニスト賞ルールならば、キムタク同様、とうに殿堂入りですね。

愛知県民の筆者、汚名返上の意を込めて、ドロボウ対策にうってつけの「2つの守る」をお伝えします。ぜひ、チェックの機会にしてください。

時はボーナスシーズン、愛知県民じゃないみなさんも油断禁物です。普段より多めに降ろしてきた留守宅にある現金を、ドロボウが狙っているかもしれません。警察庁の調べ(※1)によると、侵入手段の2位は「ガラス破り」とか。1位の無施錠を除けば、これがトップです。

そこで、1つ目の「守る」で対策していきます。まず、侵入させないために「ドロボウが嫌がる家」にしておくことが大事。

以下は、ドロボウがキライな3つです(※2)。
●時間がかかるのがキライ
 ツーロックや防犯ガラスなど、侵入に時間がかかる家は敬遠
●光や音がキライ
 センサー式の光や警報器がある家は苦手
●近所の目がキライ
 「声をかけられた」「ジロジロ見られた」は侵入をあきらめる要因とか

では、2つ目の「守る」とは?

ドロボウに入られた時、役立つ保険とは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9fd96603aee2e3ae985b897b0606f3e8d78fe996.53.2.14.2.jpg画像を拡大する「助かった~」凹むキモチとお金をサポートしてくれるのが保険ですね。

いくら防犯したとて、上には上がいるもの。もし、ドロボウ被害に遭ってしまったら、加入中の火災保険や家財保険が金銭的なダメージからあなたを守ってくれます。盗まれたものがない場合も、壊された窓の修理代が補償されるなど、心強い味方です。

●ドアや窓などの建物の修理代⇒火災保険で
●盗まれたモノの費用⇒家財保険で

一般的に「盗難」による補償も含んでいる保険が多いですが、自分に必要な補償のみを選ぶ保険の場合、自ら付けていないこともあり得ます。また、補償される額や給付条件も加入中の保険内容によります。

この機会に、「わが家の防犯度」と「保険内容」の2つを確認しておきましょう。

年末の留守宅、これでばっちりガードできるといいですね!

防犯度チェックはこちら! 「我が家の防犯診断」
【警察庁】住まいる防犯110番サイトより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※1 【警察庁】住まいる防犯110番サイト「手口で見る侵入犯罪の脅威」
※2 「愛知県住宅防犯対策協議会ホームページ」より筆者参照まとめ

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ