現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > コンセプト別、家計の見直しのコツ~今すぐ編~

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

コンセプト別、家計の見直しのコツ~今すぐ編~

2015/12/25
この記事に含まれるキーワード

見直しのコツは状況次第

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ee5736fa9f76e3ce73a5884d997c8102114c979d.26.2.14.2.jpg画像を拡大する見直しの仕方は家計の状況によって異なります

新しい年が始まると、「今年こそ家計をなんとかしたい!」と思う人が多くなります。
家計の見直しは、状況や目的によってやる事や優先順位が異なります。
そこで今回と次回の二回に分けて、異なる二つのケースの見直しのコツをご紹介します。

コンセプトはそれぞれ、

① 余裕がなくて、今すぐ家計を改善したい
② 長い目で見てトータルで家計を豊かにしたい

の二つとし、①は既に毎月赤字で貯金を取り崩している状態で、②は今はまだ赤字にはなっていないが将来(老後など)赤字になる可能性がある状態、を想定します。

今回は①のコツをご紹介します。

今すぐ家計を改善させるには?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b44fac3d556a8f0c0d0d6425c9173b3bc82d38a7.26.2.14.2.jpg画像を拡大する時には我慢も必要です

とにかく早く赤字の状態を解消することです。
具体的には、以下の対策がオススメです。

・ 楽をするために行っていることは我慢しましょう
例えば、食事の支度が面倒なときに行く外食や、歩ける距離の移動で使う自家用車などです。

・ 趣味の数を減らしましょう
趣味を我慢すると楽しみが減ってしまいますが、目先の生活のためには一時的にでも数を減らして家計への負担を減らすことが必要です。

我慢の節約は長続きしないことが多いのですが、既に家計が赤字の場合、そんなことは言っていられません。

・ 固定費の見直しを行いましょう
例えば、携帯電話の料金プランの見直しや、電気の契約アンペアの変更などです。
携帯ショップに行って相談したり、アンペア変更のためにお客様番号を調べるのが面倒で後回しになっている人も多いようです。
一度やればその後も効果が続くので、早めに行うことがオススメです。

・保険を減らしましょう
個人的に最低限の加入でオススメなのは、世帯主の収入保障保険、火災保険、車両保険の付かない自動車保険です。
それ以外の保障(補償)は、ないと困るものだけ用意しましょう。

また、
「◯ヶ月連続で赤字が解消できたら、〜をする」
「◯万円貯金できたら、〜をする」
など、目標を持つこともモチベーションの維持に役立ちます。

次回は②のコツをご紹介します。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ