現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 2年で元が取れる公的年金

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

2年で元が取れる公的年金

2012/05/24
この記事に含まれるキーワード

老後のご褒美

2011年4月~12年1月末の国民年金保険料の納付率が57.6%だったと4月27日に厚生労働省より発表がありました。
なんと半分近くの方が払っていないことになります。
将来もらえるかどうかわからないから払わないという方も多いようですが、ちゃんと払っている人にはちょっとしたご褒美が用意されています。
それがいつからスタートしても2年で元が取れる付加年金への加入の権利です。
権利ですので加入の手続きをしなければいけませんが、国民年金に加入中の方にはぜひお勧めしたい制度です(免除中の方や国民年金基金に加入中の方はご利用いただけません)。

検証

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/250e380efcbf2d047849ad7c15bfe64329c100f7.26.2.14.2.jpg画像を拡大する早めのスタートがお勧めです

この付加年金が本当に2年で元が取れるのか実際に計算してみましょう。
付加年金は月額400円の保険料を払うことで受取開始後ずっと月額200円分を年金に加算してもらうことができます。

付加年金に5年間加入した場合の納付月数は、

5年間×12ヶ月=60ヶ月

となり、月々400円の保険料なので実際に払う金額は

400円×60ヶ月=24,000円

となります。
将来受け取れる年金額は、「200円×付加保険料の納付月数」となるので1年間にもらえる金額は、

200円×60ヶ月=12,000円

となります。
24,000円払って年間12,000円ずつもらえるので2年間もらうとちゃんと元が取れてしまいます。
付加年金は長く掛けるほど、また長生きするほどお得になります。

ただこの付加年金の残念なところは、月額400円しか払えないというところです。このご時世に400円はちょっと少なすぎますね。

生命保険文化センターの意識調査によると、85.8%(平成22年度)の方が老後生活に不安を感じているそうです。
老後の生活費の足しとして劇的に殖えるわけではありませんが、確実に殖える方法としてぜひ検討していただきたい制度です。
小さなことからコツコツとという言葉がまさにピッタリですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ