現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > フィンテック(FinTech)ってなに?暮らしとお金を変える最新テーマに迫る!

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

フィンテック(FinTech)ってなに?暮らしとお金を変える最新テーマに迫る!

2016/05/20
この記事に含まれるキーワード

シリコンバレーが生んだ新しいお金のキーワード

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5a2eb94d7b210c6b84aca637f7729b0b16d1bc12.43.2.14.2.jpg画像を拡大するシリコンバレーから生まれたキーワード

「フィンテック(FinTech)」という言葉を耳にしたことはあるだろうか?最近にわかに話題を呼び、今や専門家や金融機関だけでなく政府も本格的な取り組みを始めようとしているほど、大きなテーマになっている。今回からそんな最新テーマに着目し、ファイナンシャルプランナーならではの視点から解説する。

フィンテック(FinTech)とは「金融(Finance)」「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語である。もともとは、アメリカのシリコンバレー(アップル・グーグル・MicrosoftなどのIT企業が集まる聖地)から生まれたキーワードで、金融分野にIT技術を導入することで、より便利で豊かなサービスを生み出していこうという動きである。

フィンテックが変える暮らしとお金

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/579e46a7926fd9a64a3951e0cc3eb2937d344514.43.2.14.2.jpg画像を拡大する筆者のお金アプリレビューも参考に!

筆者がこれまで取り上げてきたお金アプリもそのうちの一つだ。例えば、今やレシートをカメラでショットするだけで入力不要で家計管理ができるアプリが主流になっている。その情報はクラウドコンピューターで管理され、さらに銀行口座でのやりとりやクレジットカードで「決済」した情報も、すべて自動で読み込む機能を持つアプリまである。この流れがもっと進めば入力や記入といった「面倒」と感じる作業がなくなり、家計簿を管理するのに手間がなくなる。

その他にも、資産運用の方針を決める際にもフィンテックは応用が進みだしている。必要な質問に答えるだけで人工知能が過去のデーターをもとに算出し、その人にあった投資スタイルを提案するというロボットアドバイザーの登場だ。まだ動き始めたばかりではあるものの、将来をイメージさせる動きである。

(まとめ)
このようにフィンテックとは、平たく言えば、お金の管理に苦労しなくなる時代を作る動きと捉えるとわかりやすい。お金とテクノロジーが一つになっていくことで暮らしが便利になっていく。ここは筆者の最も得意とする分野だけに、今後はアプリだけでなく、フィンテックの新しい動きも順次お届けしていきたい。お金の管理方法がより快適で便利になるのは喜ばしい。そんな情報をお届けすることこそ、ファイナンシャルプランナーとしても冥利に尽きる話である。次回以降をお楽しみに!

  • mixiチェック
記事を書いた人織田 昌典織田プロダクション 代表 CFP(R)

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
元ミュージシャン。経済の「け」の字も出てこないバックグラウンドから、ITバブルがきっかけで経済に魅了され、2005年よりFPに転身。20~30代を中心としたファイナンシャルプランナー事務所を運営。また最近は、スマートフォンをはじめとする最新トレンドを活用したマネー管理術を研究。セミナーも多数開催。
ホームページ:織田プロダクション
google+:織田 昌典

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ