現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > アンネ・フランクとダチョウ

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

アンネ・フランクとダチョウ

2016/07/25
この記事に含まれるキーワード

ダチョウのように傍観的とは

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/454f545a5bb6effb0ea7a42d3d4a812e01245efb.80.2.14.2.jpg画像を拡大するダチョウは危険なものから頭を隠す

ダチョウを英語で”ostrich”と言いますが、ostrich policyとは傍観的なスタイルのことです。
ご存知のようにダチョウは巨大な鳥で空を飛ぶことはできません。そのダチョウは追い詰められると頭を砂に隠すという言い伝えがあるのです。

第二次大戦中にアムステルダムの隠れ家に潜んでいたアンネ・フランクはその「アンネの日記」にダチョウについて書いています。
「かつてドイツが再軍備に狂奔しているあいだ……頭だけ砂につっこんで、見えないつもりになっていても、なんにもならないのです…まさにこのためにこそ、……これからひとつずつ、たっぷりと代償を支払っていくしかないのです。」

アンネの一家もドイツに暮らすユダヤ系ドイツ人でしたが、ナチスの迫害を恐れて隣国のオランダに移り住みました。しかし、そのオランダがドイツに占領された結果、ユダヤ人だけではなく周囲のオランダ人も困窮を極めたのです。14歳の彼女が気付いた時には、すでに手遅れでした。

人間の「忌避」と「先送り」

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b99ead8c56ac7d77bc81dafe541dd98892cbfb84.80.2.14.2.jpg画像を拡大するアムステルダムに立つアンネの像

人間はダチョウよりもはるかに賢明なはずですが、どうしても自分に都合の悪いことは「忌避」してしまい、解決をしなければならないと思ったこところで、その実行を「先送り」してしまいます。

たとえば、川沿いに建つ住宅を購入する人は堤防が決壊することはないと信じたくなり、健康診断をすすめられても、増えた体重が来年にしようとささやきます。地震の備えとして緊急持ちだし袋を用意しなくてはと思ったのは1年前だったりするのです。
しかし、手遅れになった際に「代償を払っていく…」で済ませられるでしょうか?

アンネのお父さんの行動は見事でした。
アンネの父のオットーはナチスの反ユダヤ政策を看過せず、家族とともにオランダに移住するという手を打ちました。ところが、ドイツ軍がオランダを占領したため、さらに隠れ家を作って家族を匿いました。2年間隠れていましたが、ついに発見されてアウシュヴィッツに収容されてしまい、結果として生還したのはオットー1人でした。

しかし、ナチスの動きを「忌避」「先送り」してフランクフルトに住み続けていれば、もっと早く家族とフランクの命はなかったでしょう。

アンネは収容所で亡くなりましたが、その日記の中に永遠に生きています。
これはオットーが問題の解決を「忌避」あるいは「先送り」しなかったおかげだと思いませんか。

今あなたが「忌避」し、「先送り」していることを考えてみてください。家族のために

「アンネの日記」アンネ・フランク 深町真理訳 文藝春秋

  • mixiチェック
記事を書いた人齋藤 真衡株式会社 回(Kai) 代表取締役

自分がものごとを選択して決定できない状態、いわゆる意思能力の喪失に対する備えは、 人生の後半生に不可欠な”もう一つの保険”と言えます。いつかは必ずやってく る死と認知症をはじめとする生前における意思能力の喪失への備えを ”Happy Ending カード”を起点に提供していきます。
ホームページ:株式会社 回

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ