現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > ミニマリストになった後のお金の使い方も考えよう!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

ミニマリストになった後のお金の使い方も考えよう!

2016/07/29
この記事に含まれるキーワード

最小限のモノで生活するのが新しい?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f2c450cab527518fec300729abc856599cf38ea2.77.2.14.2.jpg画像を拡大するシンプルな生活は家計もラクになる?

このところ「ミニマリスト」という言葉を聞くようになりました。ミニマリストとは、「持ち物をなるべく減らして、必要最小限のモノだけで生活する人」のこと。

少し前まで、「断捨離(だんしゃり)」という言葉がはやっていた時期もありましたね。断捨離は「必要ないものは持たずに捨て、モノに執着しない」という意味で、ミニマリストとも通じる部分があります。

ミニマリスト効果を家計から見るとどうでしょう。モノが少なくなることで「買い替えるモノが減る」「モノの手入れや整理の手間が減る」などが考えられます。その結果として「モノにまつわる支出が減って家計がラクになる」効果がありそうです。モノを購入する時間や手入れをする時間が減れば、自由に使える時間も増えますね。

とはいえ、家計をラクにするのを目的にミニマリストを目指しても挫折する可能性アリです。単にモノを減らして家計をラクにするのがミニマリストではありません。

あなたがミニマリストになる目的は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1e12053d0019285352844060d398a1988548842d.77.2.14.2.jpg画像を拡大するモノ減らした後の生活を描けていますか

まず、ミニマリストを目指す、そもそもの目的を考えてみましょう。モノを持たずに身軽になる目的は人それぞれだと思います。例えば、次のような考え方です。

・高価な一品を大切にしたいからそれ以外のモノは持たない
・モノにお金を使うより人付き合いにお金を使いたい
・旅行や観劇など知見を広げたり感性を磨くことにお金を使いたい
・スポーツイベントへの参加で健康を維持する など

ようするに、モノを減らした後のお金の使いどころが大切なのです。モノをダイエットして身軽になったものの、生活にうるおいがなくなり、リバウンドで再びモノを買い揃えてしまった……なんてことにはなりたくないですね。

「モノ」を減らしたら、教養を磨いたり健康増進のための「コト」にお金を使うことで、将来の生活を豊かにする投資にもなります。もちろん、むやみにお金を使いましょうということではありません。あなた自身の今や将来のためになることに使いみちを考えてください。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ