現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 「親のふところ事情」はこう探る!~帰省時編~

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

「親のふところ事情」はこう探る!~帰省時編~

2016/08/15
この記事に含まれるキーワード

介護費の蓄えがあるかないかは大問題!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2f11d4723e0d84d65808b2cc64ce2dd5faefef84.53.2.14.2.jpg画像を拡大する実家の親。いまは元気でも、介護はいつ始まるかわかりません。

去年の日本人の平均寿命が、男女とも過去最高を更新しました。7月に発表された厚生労働省の調査(※1)によると、女性は87.05歳、男性は80.79歳。リタイア後、2~30年もの長い暮しが続くという現実が見えてくるニュースですね。

ここでちょっと質問です。
【問】あなたは『自分の親のふところ事情』を把握していますか?

悲しいかな、長生きには、「お金のリスク」が伴います。いまは、元気に暮らしている親も、いつか必ず介護が必要な場面がやってきます。ある調べ(※2)によると、介護期間の平均は4年11カ月、月々の介護費用の平均は7.9万円。他にもバリアフリーなどへの改修費や、施設への入居金なども必要でしょう。

もし、親に十分な年金や蓄えがなければ……。そう、「あなたのお金や時間」をささげる覚悟がいることになります。覚悟すべきかモヤモヤしたくない人は、親に確認してしまえばスッキリ!

後半は、筆者おすすめの「やな感じを与えない聞き取り術」をご紹介。

成功のヒケツは、ダイレクトに聞かないこと

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/0f5319d6b16c5c2d63d5e92d04f5ec193fd44727.53.2.14.2.jpg画像を拡大するこの夏の帰省時は絶好の機会。さりげなくたずねてみては?

「貯金はいくらあるの?」「死亡保険に入ってるの?」といった直球すぎる質問は、気まずい空気を生み出すもと。親はまだ自分は元気と思っていますから。「縁起でもないわ」と一蹴されないよう、友人のエピソードなどを引き合いに話を広げるのがコツです。

●きっかけトークの一例
1 「会社の先輩さぁ、親の介護費の仕送りで、ひーひー言ってたよ」
2 「Aちゃん、お母さんが施設に入るお金が足りなくて困ってたわ」
3 「Bくんね、お父さんがたくさん保険に入ってたから、助かったらしいよ」

こんな振りをきっかけを、自分のふところ事情を話し始めてくれたらラッキーです。話を膨らみやすくするには、食事中などの団欒タイムがおすすめ。「年金は足りているか、貯蓄はいくらあるか」などの核心に迫れるかどうかは、あなたのトーク力次第です。あと、決してその場でメモを取ったりしてはいけません。魂胆がバレてしまいます。あとでこっそりと。

夏やすみの帰省時は絶好のチャンス! 検討を祈ります。

.....................................................................................................................................................................
※1 厚生労働省「平成27年簡易生命表の概況」
※2 公益財団法人生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(平成27年度)

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ