現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 「帰省したら、親の様子が変?!」スグにすべきことは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

「帰省したら、親の様子が変?!」スグにすべきことは?

2016/08/26
この記事に含まれるキーワード

<親チェック1 >スリリングな運転してない?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5407f457fa524d996eb017778066001350440ec4.53.2.14.2.jpg画像を拡大するブレーキのタイミングは? 注意力はある? 隣に乗ったらわかります。

久々に実家に帰ったら、急に老け込んだ親の姿に、ショックを受けたことはありませんか? [しわも増えたなぁ」くらいならお互いさまですが、「なんだか様子が変」だとしたら? 見逃しは厳禁。「できなくなっていること」をチェックし、対策する必要がありそうです。

まず、お勧めしたいチェック項目は、車の運転技術。筆者も父に手を焼いた経験からです。70歳を過ぎた頃から、ブレーキを踏むタイミングも鈍くなり、「止まれ」の一時停止線から、十中八九はみ出す始末。ところが本人は「ちゃんと手前でブレーキ踏んどるよ」と。高齢になると、自覚していないことも多いので注意です。

以来、いつも同世代の人には「親の運転する車に乗ってみること」を強く勧めています。もし、スリル満点だった場合は、心を鬼にして「免許没収じゃ~」の宣告を。水戸の黄門様のごとく印籠を突出し、運転リタイアを告げましょう。車の事故は、お金の面、気持ちの面でダメージが大き過ぎるからです。

また、帰省時にはたくさん会話をすることも勧めています。話がかみ合わないことが多ければ、「認知症」の始まりかもしれません。子として、できることはなんでしょうか?

<親チェック2> 認知症の始まりではない?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/44db9c94872798e5bda15872af20e8ba74666ecd.53.2.14.2.jpg画像を拡大する本人では気づかない衰え。機能のチェックも親孝行の1つです。

認知症はどうせ治らないから、病院に行っても仕方ないという人もいますが、誤った考えです。早期受診、早期治療はとても大事です。まず、自治体などが出している「認知症チェックシート」などを活用して確認してみましょう。

また、この先、離れて暮らす親をだれが見守るのか考えておきたいもの。他人の手を借りるのも一手です。地域の包括支援センターなどに相談してみましょう。前もって調べておけば、なにより自分が安心です。

一方、老いることで、心ならずとも他人に損害を与えてしまう事もあるでしょう。「個人賠償責任保険」に加入しているかの確認は必須です。日常生活上の賠償責任がカバーされ、上限1億円というプランで、保険料は年間2~3,000円程度。ぜひ、加入の手配を。

帰省時は、するどい観察力が試されそうですね!

.......................................................................................................................
【執筆参照】
「認知症の診断・治療」(厚生労働省ホームページ)

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ