現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 老後資金の準備はNISA?個人型DC?個人年金保険?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

老後資金の準備はNISA?個人型DC?個人年金保険?

2016/12/15
この記事に含まれるキーワード

老後資金は自分で準備する時代

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/bf069a8e2d257b593ba15b0eed921f222a65e395.26.2.14.2.jpg画像を拡大する老後はたくさんのお金が必要です

一説には数千万円以上必要と言われる老後の生活資金ですが、公的年金制度への不安から自分でお金を貯めている人も多いようです。

準備の仕方にはいろいろありますが、お金が増えることを期待するなら株式や投資信託での積み立て、税制面での優遇を期待するなら個人型確定拠出年金(以下、個人型DC)、将来もらえる金額をハッキリさせたいなら個人年金保険がおすすめです。

また積立期間中に、一時的に中断をするかもしれない場合は株式や投資信託での積み立て、絶対に解約せずに継続できるなら個人型DCや個人年金保険がおすすめです。


ちなみに、株式や投資信託で積み立てをする場合、NISAの利用枠に余裕があればNISAを利用して積み立てをするのも良いでしょう。
ただし、まとまった資金でNISA枠を使い切れる場合はそちらのほうが有利になる可能性がありますので検討が必要です。

個人型DCと個人年金保険の注意事項

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/7d578219fa8f56a34816edc36a1f9603e88ff8a9.26.2.14.2.jpg画像を拡大する制度の利用には注意点があります

個人型DCは、原則60歳までお金を引き出すことができなかったり、加入期間によって受取開始可能年齢が異なる点に注意が必要です(遅く始めると受取開始も遅くなる)。
また、年金として受け取る場合は受取期間が5~20年となり、公的年金のように一生受け取れるわけではありません。
積立期間中にお金が必要になる場合や、老後の受取期間終了後の資金計画を考えておく必要があります。

個人年金保険は、積立期間中に個人年金保険料控除が適用になるのが大きなメリットの一つですが、契約時に以下の条件を満たさなければ控除が適用にならない場合があるので注意が必要です。

・年金受取人が契約者または配偶者
・年金受取人=被保険者
・保険料払込期間が10年以上
・年金受取開始が60歳以降で期間が10年以上


65歳の平均余命は男性が19.46年、女性が24.31年(※)だそうです。
第二の人生を趣味や旅行などで楽しみたければ、それだけ必要な金額も増えます。
短い期間でたくさんのお金を用意することは大変ですので、早めに検討することが大切です。


※ 平成27年簡易生命表より

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ